Views
4 weeks ago

2018年10月

  • Text
  • Rover
  • Heritage
  • Phev
  • Experiences
  • Discovering
  • Peak
  • Cape
  • Arctic
  • Pioneers
  • Resolution
インド辺境の地にランドローバー愛好家の情熱を見た | レンジローバー ヴェラールでスリリングな氷上ドライブを体験する | 船員モンティ・ホールとその家族と共に美しい都市ドニゴールを旅する Above&Beyondツアーで子供の頃に感じたあの興奮を再び体験する | なぜレンジローバーPHEVは登山家ジミー・チンを魅了するのか | 史上最もパワフルなディフェンダー、クラシックワークスV8スペシャルと出会う

XXXXXXX LEFT

XXXXXXX LEFT 34

HERITAGE い 寿 命 は 耐 久 性 の 高 いアルミニウムボディとシンプルな 駆 動 装 置 に 由 来 すると 説 明 する。「ボディはサビないから、 車 庫 に 駐 車 す る 必 要 がない。 車 庫 は、 土 地 に 余 裕 のないこの 町 では 高 額 なぜ いたくになりかねないんだ。 最 近 のスチールボディの 四 輪 駆 動 のほうが、はるかに 整 備 を 必 要 とするね」。 最 近 の 車 はシリーズ I のように 絶 え 間 ない 酷 使 に 耐 えられない と 彼 は 確 信 している。もちろん、 長 年 ひたすら 勤 勉 に 働 いてき たこの 情 熱 的 な 男 に 異 議 を 唱 えようなどとは 思 わない。 娘 はオッ クスフォード 大 学 で 博 士 号 を 取 り、 息 子 はオーストラリアで 修 士 課 程 を 終 えようとしていて、 末 っ 子 は 近 隣 の 学 校 に 通 っていると いう。シリーズ Iがこの 町 で 人 々の 生 活 を 劇 的 に 変 えるのにどれ ほど 貢 献 してきたか、 分 かり 始 める。 私 たちはある 整 備 工 場 を 訪 れ、 黒 ずんだ 木 製 スツールに 腰 掛 け る。 壁 には 旧 型 のランドローバーの 部 品 が 棚 一 面 に 並 んでいる。 さまざまなピニオンやギア、 組 み 立 てたクラッチ、ガスケット、 ファンベルト、そして 組 み 立 てが 完 了 した 3つのエンジンを 見 せ てくれるのは 50 代 のアクバルだ。 嬉 しそうに 説 明 し 始 めると、 顔 のしわはたちまち 消 えてしまう。シリーズ I との 付 き 合 いは 30 年 以 上 になり、マネバンジャンで 現 役 のランドローバーを 所 有 して いる 人 物 でもある。シリーズ I の 駆 動 装 置 にインド 製 のディーゼルエンジン を 組 み 合 わせる 技 術 も 持 つ。この 地 のランドローバーで 当 初 のガソリンエ 「この 地 における ンジンのまま 走 っているのは、わずか 3 台 だという。これは 単 純 に 経 済 的 な ランドローバーの 神 という 理 由 からだ。インドではディーゼルは アイデンティティを、 ガソリンよりかなり 安 価 で、ディーゼ アクバルは 誇 りに 思 っている」 ルエンジンは 高 い 回 転 数 、 低 速 での 登 坂 、オフロードというこの 地 の 環 境 ではより 経 済 的 なのだ。ランドロー バーで1 回 走 る 費 用 の3 分 の1が 燃 料 費 なので、 大 きな 節 約 になる。 「この 山 道 を 往 復 できるのはランドローバーだけだよ。とてもシ ンプルだから 修 理 もできるし」と 言 って、 歯 がほぼ 抜 けたギア シ ャ フ ト を 見 せ て く れ る 。「 標 高 の 高 い 道 で こ う な っ た ら し い ん だ けど、ドライバーは 整 備 工 場 まで 何 とか 戻 ってきたよ」。ほとん ど 凸 凹 のないそのギアシャフトを、まったく 信 じがたい 思 いで 眺 める。あまりに 多 くの 歯 が 欠 けているので、しっかりゆでたジャ ガイモすら 噛 み 込 めそうにない。ましてや 積 み 荷 を 満 載 したシ リーズ I を 走 らせて 戻 るなど 想 像 もつかない。 アクバルは 修 理 に 必 要 な 部 品 の 正 しい 名 前 も 知 らないが、 純 粋 な 経 験 と 勘 を 頼 りに 不 具 合 を 見 極 め、どう 修 理 するかを 理 解 する。「 電 子 システムを 搭 載 した 最 近 の 車 は、 人 里 離 れたこの 地 域 の 人 にはほとんど 修 理 不 可 能 だよ」。 後 になって、この 地 域 に は 旧 型 のランドローバーを 修 理 できる 整 備 士 がほかにもいると 知 上 : 機 械 的 な 問 題 ならほぼ 何 で るが、 複 雑 なものはすべてアクバルに 持 ち 込 まれる。この 地 域 も 修 理 できると 言 うアクバル。 では、アクバルはランドローバーの 神 で、 彼 はこのアイデンティ 下 : 多 種 多 様 な 部 品 を 備 えた 整 備 工 場 で、 幅 広 い ティを 誇 りに 思 っている。「 生 活 は 苦 しいけれど、 遠 くからわざわ 修 理 経 験 が 活 かされる。 ざ 私 の 話 を 聞 きにくる 人 がいると 深 い 満 足 感 を 覚 えるね」。 35

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。