Views
5 months ago

2019年5月

  • Text
  • Vander
  • Schnabel
  • Pioneers
  • Phev
  • Images
レンジローバースポーツPHEVによる深センの旅 | 新型レンジローバーイヴォーク、初めてのドライブ | ドイツのミッドセンチュリーモダン建築 | ジョージ・バンフォードが語る、真のラグジュアリーとは | 宇宙飛行士チャーリー・デュークに出会う | ブラジルのカーニバル・サブカルチャー

B O R N W I N N E R S

B O R N W I N N E R S ライフスタイルを 彩 る 優 れたデザインに 贈 られるランドローバー BORN アワード。 物 の 本 質 とスタイルを 見 事 に 融 合 させた、 最 新 の 受 賞 者 たちを 紹 介 しよう。 70

DESIGN INNOVATION 偉 大 なるデザインは 歳 月 を 経 ても 古 びない。その 創 出 は 至 難 の 業 だ。ランドローバーは、 目 的 に 忠 実 であるだけでなく、 大 勢 の 人 に 魅 力 的 と 感 じさせるデザインについて 精 通 している。それはランド ローバー シリーズ(そしてその 直 系 の 後 継 モデルであるディフェン ダー)に 始 まり、 最 新 のレンジローバー イヴォークまで 連 綿 と 息 づく。 車 以 外 の 分 野 でも、 無 双 のデザインが 生 み 出 されている。 例 えば ジッポーのライター、アングルポイズのスタンドランプ。スイス・アー ミーナイフやパントンチェアなどもそうだ。いずれも 優 れた 機 能 性 と ともに 美 しいデザインによって 広 く 知 られている。 2018 年 の BORN グローバルアワードの 主 要 目 的 は、そう した 類 いまれなデザインによる 功 績 を 広 く 評 価 することだった。 ランドローバーが 2 年 連 続 で 協 賛 した 本 賞 は、ライフスタイル のさまざまな 領 域 にわたって、 世 界 中 のクリエイションを 年 間 左 上 : 巧 みに 電 動 化 された 折 りたたみ 自 転 車 の テーマに 沿 って 表 彰 する。BORN の 創 設 者 はジャン = クリスト ブロンプトン。 フ・ショパン。 第 一 線 で 活 躍 するクリエイターたちのネットワー 右 上 : 受 賞 者 を 称 える クとして 誕 生 し、デザイン 主 導 の 優 れた 製 品 を 扱 うB2B 市 場 ランドローバーの チーフデザインオフィサー、 として 機 能 させることも 目 的 としている。 果 敢 に 進 化 するイン ジェリー・マクガバン。 スピレーションに 富 んだ 製 品 とその 作 り 手 を 称 えるBORNア 右 下 :トロフィーを 手 にするブロンプトンの ワードの 競 争 は、 熾 烈 だ。 今 年 は 世 界 6 地 域 から7,000 件 ほ ウィル・カーレイスミス どの 応 募 があった。その 中 からわずか 48 作 品 に 絞 られ、ロン とデイビッド・リース。 ドンのデザインミュージアムで 開 かれた 授 賞 式 で「ベスト・オ ブ・ベスト」が 発 表 された。 モビリティデザイン 部 門 で 受 賞 したのは、 折 りたたみ 自 転 車 、 ブロンプトンの 電 動 アシスト 版 だ。ブロンプトンは 人 気 の 高 い 英 国 ブランドで、1981 年 の 製 造 開 始 以 来 ほぼ 変 わらないラインを 保 つデザインは 名 作 と 呼 べるほど。ロンドンでは 通 勤 でこの 小 型 自 転 車 をたたんで 地 下 鉄 に 乗 り、 駅 を 出 るとさっと 広 げて 走 り 去 る 人 々をよく 見 かける。 最 寄 り 駅 からの 短 い 移 動 に 便 利 なため、 都 会 で 手 にする 自 由 の 象 徴 ともなっているのだ。 好 況 な 電 動 自 転 車 市 場 にあって、 昨 年 発 売 された 電 動 アシスト 版 は、 折 りたたむというスタイリッシュさと 品 質 の 高 さの 両 方 が 融 合 して 突 出 。 巧 妙 に 小 型 化 された 250 ワットのフロントハブ モーターに、 軽 量 で 簡 単 に 取 り 外 し 可 能 なバッテリーパックを 接 続 し、 走 破 性 を 一 気 に 高 めてユーザーの 負 担 を 軽 減 している。 審 査 員 の 一 人 となったランドローバーのチーフデザインオフィサー、 ジェリー・マクガバンが「『 類 まれな』という 言 葉 に 真 に 値 する 物 には、 想 像 力 、 知 性 、 理 性 、そして 十 分 な 英 知 が 求 められる」 と 表 彰 式 で 述 べたとおり、 称 賛 に 値 する 勝 者 だ。 次 ページでは、 他 の 受 賞 者 たちを 紹 介 しよう。デザインの 英 雄 と 将 来 は 名 作 と 呼 ばれるであろう、 一 流 の 作 品 群 だ。 71

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。