Views
5 months ago

2019年5月

  • Text
  • Vander
  • Schnabel
  • Pioneers
  • Phev
  • Images
レンジローバースポーツPHEVによる深センの旅 | 新型レンジローバーイヴォーク、初めてのドライブ | ドイツのミッドセンチュリーモダン建築 | ジョージ・バンフォードが語る、真のラグジュアリーとは | 宇宙飛行士チャーリー・デュークに出会う | ブラジルのカーニバル・サブカルチャー

68

HERITAGE 世 界 的 な 音 楽 アイコンの 一 人 として 知 られる ボブ・マーリーは 熱 心 な 自 動 車 ファンでもあった。 写 真 : GETTY IMAGES/KIRK WEST/CONTRIBUTOR, AUTO-MEDIENPORTAL.NET は、 彼 が 育 ったジャマイカ 北 岸 の 田 舎 、セント・アン 教 区 にある。 レゲエの 才 能 が 育 つ 無 類 の 地 として 知 られ、バーニング・スピア、 シャバ・ランクス、そして 彼 らに 大 きな 影 響 を 与 えた 黒 人 民 族 主 義 のマーカス・ガーベイの 出 生 地 でもある。 国 内 で 最 も 農 業 が 盛 んで、 起 伏 の 激 しい 地 形 だ。 田 舎 の 美 しさを 満 喫 するため に、マーリーにはあちこち 駆 けまわれるオフロード 車 が 必 要 だっ た。その 好 みは 成 人 しても 変 わらなかった。 彼 のシリーズ IIIはほぼオリジナルのままだったが、レンジロー バーの 方 はマーリーか、 家 族 の 誰 かが 色 を 変 える 決 断 をしたの ではと 推 測 した。 「こうしてマーリー 本 人 のレンジローバーを 取 り 寄 せてみると、 独 自 の 塗 装 に 驚 いたよ。ボンネットはブラック、ドアパネルのほ とんどはグリーン、ルーフはダークブルーだ。これまで 見 たこと もない 組 み 合 わせだね」とマケクニー。 クラシックワークスによるさらなる 調 査 の 結 果 、マーリー 自 身 が 塗 装 にいそしんだわけではないことが 分 かった。 子 供 たちに 任 せたのだ。このレンジローバーの 塗 装 作 業 は、スティーブン、 ローハン、ジュリアンという3 人 の 息 子 たちによるものだった。 彼 らがブラシで 「マーリーは 作 業 したのは、 全 員 まだ10 歳 前 後 のと きだ。 自 分 たちで 塗 り 上 げた 車 に 乗 って、 車 の 塗 装 作 業 を 所 属 していた 学 校 やサッカークラブなど 子 供 たちに 任 せた」 への 送 り 迎 えを 父 親 がしてくれたことを 3 人 とも 懐 かしく 思 い 出 す。 事 実 、ローハンはレンジローバーとシ リーズ IIIの 記 憶 は 色 褪 せないと 語 っている。 彼 はアメリカンフッ トボール 選 手 としての 活 躍 から 大 きな 転 身 を 遂 げ、 今 はジャマイ カのポートランド 教 区 でコーヒーを 栽 培 し、プランテーションの オーナーになっている。 彼 の 父 親 の 生 誕 70 周 年 記 念 コンサートでは、 中 央 にレストア されたシリーズ III が 置 かれた。このとき、 英 国 放 送 協 会 (BBC) のインタビューでローハンはこう 答 えている。「ランドローバーで コーヒー 畑 を 走 るのは 最 高 です。 農 家 の 人 たちは1970 年 代 のラ ンドローバーに 乗 っています。ランドローバーは 不 死 身 だから、 い つ ま で も 走 り 続 け る ん で す」。 今 回 発 見 されたレンジローバーでは、 物 語 の 次 章 が 進 んでい る。マケクニーが 打 ち 明 ける。「まず、 色 を 決 めないといけない。 マーリー 家 の 配 色 を 維 持 するか、 生 産 ラインに 立 ち 戻 ってマサイ レッドに 塗 り 直 すか。その 後 は 選 択 肢 がいくつもある。オーク ションに 出 品 するか、ボブ・マーリー 博 物 館 に 寄 贈 するか、ある いはここのコレクションに 追 加 するか。 僕 自 身 マーリーの 大 ファ ン だ か ら 、 す で に ち ょ っ と し た 愛 着 が 生 ま れ 始 め て い る よ 」。 リボ ーン・ケ ース: マーリーが 所 有 したもう1 台 現 在 クラシックワークスでレストア 作 業 を 行 っているマーリーのレ ンジローバー( 上 ) 以 前 に、ブルーの 1976 年 式 シリーズ III( 下 ) が 2015 年 にレストアされ、マーリー 生 誕 70 周 年 を 祝 う 無 料 コン サートでの 主 役 まで 務 めた。 復 元 には、ジャマイカのランドローバー 正 規 ディーラーを 運 営 するサンダルズ・リゾート・インターナショナ ル、ランドローバーの 専 門 技 術 者 である ATL オートモーティブの スティーブン・ジェームズ、 米 国 の 部 品 サプライヤーのローバーズ・ ノース、そしてマーリー 家 が 協 力 して 取 り 組 んだ。クラシックワー クスのような、 細 部 まで 徹 底 するレストアには 及 ばないものの、 今 にも 走 り 出 しそうな 仕 上 がりは 見 事 だ。 もっと 詳 しく ランドローバーのソーシャルメディアをフォローして、マーリーの レンジローバーに 関 する 情 報 をチェック。ヘリテージ 車 両 のレストアについての お 問 い 合 わせはこちら:jaguarlandroverclassic.com( 英 語 のみ) 69

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。