Views
6 months ago

2019年5月

  • Text
  • Vander
  • Schnabel
  • Pioneers
  • Phev
  • Images
レンジローバースポーツPHEVによる深センの旅 | 新型レンジローバーイヴォーク、初めてのドライブ | ドイツのミッドセンチュリーモダン建築 | ジョージ・バンフォードが語る、真のラグジュアリーとは | 宇宙飛行士チャーリー・デュークに出会う | ブラジルのカーニバル・サブカルチャー

左 と 上

左 と 上 :ミッションパッチを 誇 らしげにまとうデューク。 左 下 :アポロ 16 号 の 乗 組 員 だった デューク( 左 )、ケン・マッティング リー、ジョン・ヤング。 下 :デュークは 月 面 を 歩 いた10 人 目 の 人 物 。

EXPLORATION 写 真 : GETTY IMAGES/SCIENCE & SOCIETY PICTURE LIBRARY/KONTRIBUTOR, GETTY IMAGES/ROLLS PRESS/POPPERFOTO/KONTRIBUTOR チャーリー・デュークはいつも 探 検 を 希 求 している 冒 険 家 だ。それは 今 も 昔 も 変 わらない。12 歳 のときにはカリフォルニア 州 コロナド 島 で 巨 岩 の 構 造 を 調 べ、 洞 窟 を 探 検 した。 昨 年 は、 齢 83 にしてサウスカロライナ 州 にあ る 所 有 地 の 荒 野 を 歩 き 回 った。しかし 最 もよく 知 られている 冒 険 は、1972 年 に 月 面 を 歩 いたときのことだろう。その 足 跡 は 今 日 に 至 るまであちらの 世 界 に 刻 まれている。 チューリッヒの 静 かなカフェで 私 たちは 落 ち 合 った。ここでデュークはあ る 冒 険 について 語 ってくれる。 同 じ 経 験 を 今 語 れるのは、ほかに 3 人 しか 存 在 しない。50 年 前 の 壮 大 な 旅 を 語 る 彼 の 瞳 は 輝 き、 その 声 には 神 々しい 響 きさえ 感 じられる。 物 語 はア ポロ 16 号 のミッションについてだ。 お 互 いに 愛 を 与 え 合 う 必 要 がある」というものだ。デュークはその 眺 めを 昨 日 のことのように 覚 えている。「3つの 色 で 構 成 されていた。 大 地 の 茶 色 、 海 の 澄 んだ 青 、 雪 と 雲 の 白 だ。 地 球 は 宇 宙 の 暗 闇 に 浮 かぶ 宝 石 なんだよ」。 闇 はあまりにも 深 く 滑 らかで、 手 を 伸 ばせば 地 球 に 触 れられると 確 信 する ほどだった。 太 陽 の 光 を 浴 びる 地 球 の 輝 きと 宇 宙 の 闇 という 対 比 は、もしかすると デューク 自 身 の 人 生 、そして 彼 が 進 む 道 のりを 示 唆 するものだったのかもし れない。その 暗 い 闇 は、 地 球 に 帰 還 した 直 後 に 体 験 した。「『 人 生 これから 何 をすればいいんだ? 何 に 挑 戦 すれば?』という 疑 問 が 湧 いてしまってね」。 目 標 を 達 成 したという 安 ら ぎを 得 る 代 わりに、 満 たされない 気 持 ちに 襲 われた。 「 体 験 したことはいつまでも 覚 えているけれど、そ 「 私 たちはみな 彼 を 月 へと 向 かわせた 思 いが 自 身 の 中 でまだ 燃 え 続 の 記 憶 自 体 が 不 思 議 そのものなんだ。 夢 とは 違 う。 けていて、その 気 持 ちをどこへ 向 けてよいか 分 から 強 い 衝 動 を でも、 本 当 に 自 分 が “それ” を 体 験 したのだろうか、 なかった。 という 感 覚 だよ。 月 面 を 歩 いたわずか12 人 の 中 の ひ と り だ な ん て ね 」。 着 陸 船 「オリオン」から、 操 縦 した 船 長 のジョン・ ヤングがまず 降 り 立 ち、その 後 に 続 いたデュークは 月 面 歩 行 をした10 人 目 になった。36 歳 の 彼 は 最 年 少 でもあった。それは 彼 の 人 生 で 最 も 意 義 深 い 一 歩 となり、ずっと 待 ち 望 んでいたものだった。 米 航 空 宇 宙 局 (NASA)による 地 質 学 の 訓 練 が グランド・キャニオンで 行 われた 時 のことだ。 寝 袋 から 見 上 げた 空 に 月 が 輝 き、 自 分 もいつかあそこに 行 けるのだろうかという 不 安 が 頭 をよぎったという。 だからこそ、 実 現 できた 瞬 間 には 成 し 遂 げた 喜 びが 秘 めていると 思 う。 知 りたいという 情 熱 を。 宇 宙 旅 行 は 宇 宙 を 理 解 したい という 願 望 を 満 たすものなんだ」 不 安 が 長 じて 危 うく 家 族 を 犠 牲 にするところだっ たが、デュークは 宗 教 に 安 寧 を 見 出 し、 人 生 を 立 て 直 した。その 後 、 月 へ 行 った 体 験 と、そこから 始 まった 神 と 歩 む 道 を 人 々に 伝 えるために 世 界 を 飛 び 回 るようになった。「 自 分 が 持 っている 熱 意 を 人 と 共 有 することが 自 分 の 役 割 だと 真 剣 に 受 け 止 めている。 特 に 若 い 人 たちとね。 彼 らの 気 持 ちに 火 をつけるん だよ。 人 生 、どこにたどり 着 くかなんて 分 からない ん だ か ら って ね 」。 デュークは 今 なお 宇 宙 旅 行 に 熱 い 関 心 を 寄 せる。 スペース X、ブルーオリジン、ヴァージン・ギャラク ティックという 民 間 の 企 業 がせめぎ 合 う 新 たな 宇 宙 全 身 を 駆 け 巡 った。 自 らの 足 が 月 面 に 触 れたとき 頭 に 浮 かんだのは「ついに 月 に 降 り 立 ったぞ! 自 分 は 月 にいるんだ!」という 純 粋 な 思 いだったと 笑 う。 月 面 探 査 車 であちこちを 移 動 した。 巨 礫 の 周 りを 走 り、クレーターの 端 で 止 まり、その 深 みを 注 意 深 くのぞき 込 み、 岩 を 少 しずつ 削 り 取 り、NASAで 調 査 できるよう 持 ち 帰 るためにサンプルを 採 取 した。その 間 、 好 奇 心 は 常 に 刺 激 され、 見 るものすべてに 驚 いた。「このクレーターの 中 はどうなっている んだろう? こっちには 何 があるんだろう? そういった 不 思 議 、 冒 険 、 興 奮 の 連 続 だよ」。 記 憶 をたどる 彼 の 顔 は、 輝 きを 増 していく。 月 面 と 同 じくらい 魅 了 されたのは、 宇 宙 から 見 る「 息 をのむほど 美 しい」 地 球 だった。 彼 はその 姿 に 完 全 に 心 を 奪 われ、 啓 示 を 得 た。それは、 生 まれた 国 にかかわらず「 私 たちはみな 宇 宙 船 地 球 号 の 乗 組 員 なのだから、 開 発 競 争 によって、その 興 味 はいっそう 高 まっている。「 未 来 の 様 子 が 目 に 浮 かぶよ。 地 球 の 軌 道 を 大 きな 居 住 モジュールが 回 るようになるんだ。 私 は 月 に 永 住 する 科 学 基 地 の 建 設 に 賛 同 している。 人 類 は 最 終 的 には 火 星 に 到 達 するだろうね」と 揺 るぎのない 様 子 で 言 う。 宇 宙 がもたらす 神 秘 を 体 験 したデュークは、 有 人 宇 宙 飛 行 を 声 高 に 支 持 す る。そこから 得 られる 技 術 的 な 発 展 のためだけではない。 人 間 が 本 質 として 持 つ、 発 見 への 尽 きることのない 願 望 に 応 えるものだと 信 じているのだ。「 私 たちはみな、 強 い 衝 動 を 秘 めていると 思 う。 知 りたいという 情 熱 をね。 宇 宙 旅 行 は、 宇 宙 とその 美 しさを 理 解 したいという 願 望 を 満 たすものなんだよ」。 確 信 を 持 ってそう 話 す83 歳 の 元 宇 宙 飛 行 士 は、 微 笑 みながらこう 締 めく くった。「 私 もね、 時 折 思 うんだ。また 月 に 戻 ろうかなってね」。 47

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。