Views
3 months ago

2019年5月

  • Text
  • Vander
  • Schnabel
  • Pioneers
  • Phev
  • Images
レンジローバースポーツPHEVによる深センの旅 | 新型レンジローバーイヴォーク、初めてのドライブ | ドイツのミッドセンチュリーモダン建築 | ジョージ・バンフォードが語る、真のラグジュアリーとは | 宇宙飛行士チャーリー・デュークに出会う | ブラジルのカーニバル・サブカルチャー

38

DESIGN 左 : 水 をたたえて 反 射 する 一 連 の 水 盤 は ケンパー・ハウスと 周 囲 の 森 林 環 境 との 関 係 を 映 し 出 す。 メートルの 場 所 を 選 定 すると、1965 年 に 始 まった 工 事 は1968 年 8 月 まで 続 いた。 完 成 した380 平 方 メートルの 家 には、6つ の ベッドル ーム、 全 面 ガラス 張 りの 壁 、 複 数 の 大 型 暖 炉 が 備 わっ ていた。ほかにも、 住 み 込 みベビーシッター 用 の 部 屋 やサロン なども 組 み 込 まれた。 後 者 は 現 在 のオーナー、マンフレッド・ヘ リングのオフィスになっている。 2016 年 にこの 家 を 購 入 したヘリングは 現 在 、 当 初 の 仕 様 に 戻 す 修 復 作 業 を 進 めている。 骨 の 折 れる 仕 事 だ。「 購 入 したとき はブティック・ホテルのようだったよ。すべてがグレーとベージュ で、 木 材 の 多 くは 前 のオーナーたちが 塗 装 を 重 ねていた。 僕 た ちは 家 全 体 を 正 しい 時 代 に 戻 すためにすべての 素 材 を 確 認 し、 書 籍 を 買 って、 前 のオーナーたちと 話 をしたんだ。 当 初 の 姿 に 戻 し、 修 復 したことさえ 分 からないようにするためにね」と 彼 は 言 う。 現 在 50 歳 のヘリングは、クラシックカーをレストアするエ キスパートで、ミッドセンチュリーモダンの 大 ファンだ。 このケンパー・ハウスが 木 で 覆 われた 丘 の 頂 上 に 立 つ 様 子 は、 まるでそこに 見 事 に 組 み 込 まれているかのようだ。ガラス 張 りの リビングは 中 心 となる 2 階 建 て 構 造 に 付 属 している。 床 から 天 井 まで 広 がる 窓 が、 驚 くほど 居 心 地 の 良 いメインルームに 光 を 採 り 入 れている。 一 方 、 天 井 のしつらえは、ガラスの 境 界 線 を 通 って 家 の 内 から 外 へ 一 貫 して 続 いている。 平 らな 屋 根 の 上 と テラスの 後 ろにある 水 盤 は 水 をたたえて 反 射 し、 周 囲 の 木 々や 森 林 が 映 り 込 む。すべてが「 自 然 との 触 れ 合 い」というテーマに 合 致 している。 家 の 中 は、アルネ・ヤコブセンのエッグチェア、ノールのソファ、 ヴェルナー・パントンのシェルランプといった 当 時 の 調 度 品 に よって、1970 年 代 半 ばの 生 活 体 験 が 再 現 されている。この 時 代 のインテリアデザインとドイツ 製 スポーツカーは、いずれもヘ リングの 嗜 好 にあっている。ケンパー・ハウスはモダニズムのわ ずかな 代 表 例 というより、 本 物 の 家 として 存 在 している。それこ そが、ノイトラが 意 図 したものだ。 彼 は、 住 宅 建 築 は 建 築 評 論 家 のためではなく 住 人 のためにあると 信 じていた。 居 心 地 が 良 く 快 適 で、くつろぎを 感 じない 方 が 難 しい。 外 に 停 めてあるレンジローバー ヴェラールも、テラスですっか りくつろいでいるように 見 える。ケンパー・ハウスとヴェラール には 何 十 年 もの 隔 たりがあるが、 両 者 は 還 元 主 義 者 のデザイン 哲 学 と、 優 雅 なるシンプルさを 共 有 している。ケンパー・ハウス 同 様 、ヴェラールのデザインにも 余 分 なものは 何 もない。 不 要 なものを 一 切 排 除 しているのだ。この「 引 き 算 の 美 学 」を 体 現 したレンジローバーのクリーンでスッキリとした 運 転 席 に 座 ると、 未 来 を 訪 れるかのように 感 じる。ケンパー 夫 妻 は1968 年 夏 に 新 居 の 中 へ 足 を 踏 み 入 れたとき、 同 じように 感 じたに 違 いない。 その 空 間 、 光 、そして 建 物 全 体 の 控 えめなデザイン。すべてが 当 時 新 しく、 今 再 び 新 しさを 取 り 戻 そうとしている。 「まだ 作 業 が 少 し 残 っているけれど、すでに 当 時 の 雰 囲 気 を 感 じ ることができる。 建 築 当 初 の 精 神 を 取 り 戻 したんだ。 僕 にとって 永 遠 の 家 だね。 最 期 の 日 は 絶 対 にここで 迎 えるよ」とマンフレッ ドは 笑 う。 陽 光 ふり 注 ぐ 南 カリフォルニアの、 華 やかだがやや 不 調 和 なひとかけらが、ドイツ 西 部 の 緑 豊 かな 丘 で 息 づいている。 その 姿 を 眺 めているとマンフレッドの 気 持 ちを 理 解 できそうだ。 39

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。