Views
6 months ago

2019年5月

  • Text
  • Vander
  • Schnabel
  • Pioneers
  • Phev
  • Images
レンジローバースポーツPHEVによる深センの旅 | 新型レンジローバーイヴォーク、初めてのドライブ | ドイツのミッドセンチュリーモダン建築 | ジョージ・バンフォードが語る、真のラグジュアリーとは | 宇宙飛行士チャーリー・デュークに出会う | ブラジルのカーニバル・サブカルチャー

DESIGN

DESIGN 「ノイトラがデ ザインの 中 心 に 据 えた 信 条 の 一 つは 建 物 の 内 と 外 の 境 を あいまいにすることだった」 ドイツ 西 部 のノルトライン・ヴェストファーレン 州 にあるヴッ パータールは、 面 積 の3 分 の2 が 公 園 と 森 林 という、 同 国 で 最 も 緑 の 多 い 街 だ。 心 地 良 い 場 所 ではあるが 世 界 的 に 珍 しいわ けでもなく、ガラスと 鋼 材 で 銀 色 に 輝 くミッドセンチュリーモダ ン 建 築 の 最 たる 例 を 探 して 最 初 に 訪 れる 場 所 ではおそらくない。 大 抵 はロサンゼルスの 峡 谷 のてっぺんや、カリフォルニアの 砂 漠 で 目 にする 月 面 のような 風 景 の 中 で、 巨 岩 とサボテンの 間 に 隠 れるように 立 っていたりするのだ。 だが、ヴッパータール 中 心 部 からちょっとのドライブで(もっ とも 豪 華 なレンジローバー ヴェラールに 乗 っていると、もっと 時 間 のかかるルートを 走 りたくなるが)、 曲 がりくねった 林 道 に 入 ると、 驚 くべき 光 景 が 待 ち 受 ける。ドイツ 西 部 に 位 置 し、 特 に 目 立 つことのないこの 一 角 で、 幾 重 もの 木 々や 生 垣 の 奥 に 伝 説 的 なモダニズム 建 築 家 、リチャード・ノイトラによるヴィラが あるのだ。ヨーロッパにたった 8 軒 しかないうちの1 軒 である。 現 代 建 築 を 代 表 する 人 物 であるノイトラはオーストリアに 生 まれ、1920 年 代 はじめにロサンゼルスに 移 住 した。ロサンゼ ルスの 広 々とした 空 間 、 余 りある 陽 光 、 自 由 の 精 神 に 惹 かれた のだ。ノイトラは 先 見 性 のある 建 築 家 、フランク・ロイド・ライ トの 下 で 短 期 間 仕 事 をした 後 、1929 年 に 独 立 。この 時 期 に、 今 なお 20 世 紀 で 最 も 重 要 な 家 屋 の 一 つと 考 えられているロサ ンゼルスのロヴェル 邸 ( 健 康 住 宅 )を 設 計 ・ 建 築 した。 初 期 の 高 層 建 築 の 技 術 に 基 づき、 米 国 で 初 めて 住 宅 建 築 に 鋼 材 を 採 用 したロヴェル 邸 は、 建 築 界 で 大 きな 話 題 を 呼 んだ。そしてこ れをきっかけに、ノイトラは 国 際 的 に 知 られるようになった。 その 後 の 40 年 間 、ノイトラは 300 以 上 の 住 宅 やビルを 設 計 ・ 建 築 し、その 多 くは 米 国 西 海 岸 に 存 在 する。 息 子 ディオン との 共 作 も 多 い。ノイトラは 光 と 景 観 をふんだんに 取 り 込 んで 設 計 する 一 方 、 施 主 の 要 望 に 応 えるよう 十 分 に 配 慮 した。 施 主 の 職 業 は 何 か、 社 交 スタイルはどのようなものか、 目 にするも のや 耳 にするものの 好 みは 何 か、といったことだ。 実 際 、ノイトラがデザインの 中 心 に 据 えた 信 条 の 一 つは、 建 物 の 内 と 外 の 境 をあいまいにすることだった。 天 井 から 床 まで あるスライド 式 のガラス 窓 で 内 側 の 空 間 と 隔 てられたテラスは、 外 の 環 境 を 内 側 へ、あるいは 内 側 の 環 境 を 外 へと 延 長 する 試 みだった。ロサンゼルスのノイトラ 社 を 今 なお 経 営 する 92 歳 の ディオン・ノイトラが 笑 顔 で 語 る。「ノイトラのデザインは 何 よ りも『 自 然 との 触 れ 合 い』が 特 徴 だといえます。デザインでそ れ を 取 り 戻 す こ と を 目 指 して い る ん で す」。 「 自 然 との 触 れ 合 い」を 取 り 戻 すことは、ヨーロッパでは 少 し 寒 く 感 じるような 提 案 だったかもしれないが、それにもかかわ らず、1960 年 からリチャード・ノイトラが 亡 くなる1970 年 まで、 父 子 は 共 作 により、スイスに4 軒 、ドイツに3 軒 、フランスに 1 軒 のヴィラを 設 計 ・ 建 築 した。 「 何 がきっかけだったのかは 分 かりませんが、 一 般 家 屋 の 設 計 依 頼 が 来 るようになったんです。ヨーロッパでのヴィラ 建 築 は すべて、どこかで 私 たちのことを 耳 にし、 目 にしたものを 気 に 入 ったオーナーの 主 導 で 実 現 したものです」とディオン。 その 一 例 がケンパー 夫 妻 だった。ヴッパータールでコルセッ ト 製 造 事 業 を 成 功 させた 彼 らは、 米 国 西 海 岸 の 新 しい 生 活 スタ イルに 魅 力 を 感 じていた。1963 年 、 夫 妻 はノイトラに 連 絡 し、 ノイトラはヴッパータールで 適 切 な 場 所 を 探 し 始 めた。4 万 平 方 右 :マンフレッド・ ヘリングと 妻 サラの オーナー 夫 妻 は、 彼 らの 見 事 な 審 美 眼 に かなう 家 具 をケンパー・ ハウスのためにそろえた。 36

ARCTIC ADVENTURE 37

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。