Views
1 year ago

2018年4月

  • Text
  • Rover
  • Images
  • Motor
  • Heritage
  • Luxury
  • Species
  • Vogue
  • Castrol
オリジナル・ランドローバー誕生の物語 | ランドローバーはいかにアドベンチャーと科学的探求を推し進めてきたか | GQマガジンエディターのディラン・ジョーンズ、チーフ・デザイン・オフィサーのジェリー・マクガバンとインスピレーションについて語る | 電気自動車とコネクテッド車の潜在的影響を探る | 中国 天門山の99のヘアピンカーブと999の急階段に挑む

UNVEILED FUTURE DESIGN

UNVEILED FUTURE DESIGN レンジローバーの 未 来 を 切 り 開 く 新 たな 先 鋭 、ヴェラールが 日 本 上 陸 を 果 たした。 お 披 露 目 の 舞 台 をプロデュースし、ゲストスピーカーとして 登 壇 した 藤 原 ヒロシさんの 声 と 共 に、 その 記 念 すべき 一 日 を 振 り 返 る。 HIROSHI FUJIWARA 1980 年 代 からDJとして 活 動 し、 音 楽 プロデューサーにしてファッションデザイナーとして 活 躍 。 fragment design 主 宰 。ストリートカルチャーのけん 引 者 としての 顔 も 持 ち、 多 くのブランド・ 企 業 とコラボレーションを 行 っている。 90

開 場 前 、ジャパンプレミアの 舞 台 には、 布 でボディ 全 体 が 覆 われた2 台 のヴェラールが 置 かれていた。 隠 されていても、レンジローバーであることがはっきりとわかる。フロント、リアの 四 隅 が 垂 直 に 落 ち、 ずっしりとした 重 厚 感 を 生 むフォルム。 近 年 のレンジローバーに 採 用 されている、 後 方 に 行 くにつれ、 なだらかにスラントしていくルーフライン。 左 右 に 鋭 く 光 る 現 代 的 な 意 匠 のヘッドライト。 特 徴 はほぼ 網 羅 されている。ここからどう、 従 来 のキャラクター、 枠 を 越 えてくるのか。 期 待 は 膨 らむ。 ヴェラールはレンジローバーファミリーにとって4 台 目 となるモデル。およそ6 年 前 、まだ 現 在 の ようなコンパクトSUVの 潮 流 が 起 こっていない 時 期 に、トレンドの 一 歩 先 を 読 むようにして 生 まれた イヴォーク。 誕 生 から10 年 以 上 が 経 過 し、レンジローバーと 並 ぶブランドの 代 名 詞 となってい るスポーツ。ヴェラールは、この 両 者 の 間 を 埋 める 存 在 である。ディメンションは 全 長 4,820× 全 幅 1,930× 全 高 1,685mm、ホイールベースが2,875mmとなり、サイズ 感 はどちらかというとスポーツ ( 全 長 4,855 × 全 幅 1,985 × 全 高 1,800mm 、ホイールベース 2,920mm)に 近 いが、 数 値 を 比 較 すると、 ヴェラールは 全 高 が 低 くなり、 幅 が 強 調 されていることがわかる。 単 純 に “ 間 を 埋 めた” と 考 えるのが 誤 りであることに、この 時 点 で 気 づくはずだ。 ボディとルーフがチョップされているように 見 え、スポーティな 印 象 も 受 ける。 ヴェラールのデザインは、 非 常 に 美 しくて 好 ましいものに 仕 上 がっています ゲストが 会 場 を 埋 め 尽 くす。そしてスポットライトの 光 と 轟 音 を 伴 い、いよいよヴェラールは アンヴェールされた。パワフルなフロントエンド。そこには 精 巧 にデザインされたグリルが 与 えられ、 のびやかで 幅 広 なボンネットが 豊 かなオーバーハングを 生 み 出 している。 ボディとチョップされているかのように 見 えるピラー&ルーフ 部 分 は、ブラック 一 色 でシャープに まとめられた。ドアハンドルはドアパネルに 埋 め 込 まれ 完 璧 に 一 体 となっており、キーを 開 けハン ドルに 埋 め 込 まれたボタンを 押 すと 出 てくるフラッシュタイプを 採 用 。そのおかげで、サイド 面 には フェンダーアーチのわずかな 膨 らみと 裾 のくぼみ、ヘッドライトからリアライトまでを 結 ぶシンプル なキャラクターラインの 凹 凸 くらいしかなくなった。 やはり、ヴェールが 剥 がされても 由 緒 正 しきレンジローバーの 血 が 流 れていることがひしひしと 伝 わるが、 従 来 の 無 骨 さは 影 を 潜 めている。あまりにグラフィカルな 造 形 の 真 新 しいレンジローバー が 我 々の 眼 前 に 現 れたのだ。 藤 原 ヒロシさんはこの 姿 を 初 めて 見 た 際 、どう 感 じたのだろうか。 「まずレンジローバーならではのサイドから 見 たボリューミーなプロポーションが 特 に 美 しいですね。 ボディとルーフが 分 かれて 見 えることで、スポーティな 印 象 も 受 ける、 非 常 に 好 ましいデザインです。 僕 が 最 初 にヴェラールを 見 たのは、ロンドンで 行 われたワールドプレミアの 時 だったのですが、まだ 舞 台 の 上 に 立 っている 姿 しか 見 ることができていない。 早 く 街 中 を 走 っている 様 を 見 てみたいです」 文 :YUSUKE OSUMI 写 真 :KENICHI YAMAGUCHI(JAMANDFIX) ディテールがわからなくても、そのパワフルさ、 研 ぎ 澄 まされたフォルムがわかるフロントエンド。 マトリックスレーザーL EDヘッドライトは 自 然 光 に 近 い 光 で 高 い 照 度 を 実 現 し、 目 の 疲 れも 軽 減 する。 91

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。