Views
9 months ago

2018年4月

  • Text
  • Rover
  • Images
  • Motor
  • Heritage
  • Luxury
  • Species
  • Vogue
  • Castrol
オリジナル・ランドローバー誕生の物語 | ランドローバーはいかにアドベンチャーと科学的探求を推し進めてきたか | GQマガジンエディターのディラン・ジョーンズ、チーフ・デザイン・オフィサーのジェリー・マクガバンとインスピレーションについて語る | 電気自動車とコネクテッド車の潜在的影響を探る | 中国 天門山の99のヘアピンカーブと999の急階段に挑む

GERRY MCGOVERN INTERVIEW

GERRY MCGOVERN INTERVIEW ジェリー・マクガバンは 自 分 の 思 いを 貫 く 人 物 だ。 難 題 に 取 り 組 むことに 関 しては 熟 練 している。 目 標 達 成 に 向 けて 決 して 妥 協 せず、 執 拗 に 野 望 を 追 いかける。しきたりは 打 破 すべきと いう 考 えの 持 ち 主 でもある。 多 くの 人 と 共 に 仕 事 をする 中 で、 他 者 の 意 見 を 疑 ってみるだけでなく、 己 の 意 見 を 疑 うことも 同 等 に 扱 っているようでもある。 クライスラー、プジョー、ローバー、フォードでさまざまな 任 務 に 携 わった 後 、2004 年 にランドローバーに 戻 ったマクガバ ンは、それ 以 来 、21 世 紀 という 時 代 に 合 った 製 品 群 を 開 発 し、 ブランドとしてのランドローバーの 新 たなイメージ 作 りに 成 功 し てきている。その 成 果 はレンジローバー イヴォークを 皮 切 りに、 でありデザイン 手 法 です。この 中 に 削 ぎ 落 としの 思 想 がありま す。 余 剰 や 不 要 なものを 取 り 除 いていくのです。その 最 たる 例 がレンジローバー ヴェラールで、 特 にインテリアは 本 質 に 関 係 のないデザイン 的 な 要 素 をわざとなくしました。 自 動 車 業 界 で は 誰 もモダニズムを 完 全 に 生 かせていないと 思 います。 例 えば、 ラインがあちこちに 刻 まれている 車 があります。 怪 傑 ゾロが 来 たのかと 思 うほどで、 完 全 に 視 覚 的 混 乱 をもたらします。 良 いデザインの 根 底 にあるのはボリュームのバランスです。そ れを 最 適 に 配 分 できれば 後 は 理 論 的 にはスーツの 仕 立 てと 同 じ で す。 きちんと 切 り 出 せ ば 全 体 のプ ロ ポーションは 正 しくなり、 素 敵 に 見 える レンジローバー、レンジローバー スポーツ、ディスカバリー、 コンパクトなディスカバリー スポーツと 続 き、 美 という 新 たな 価 値 を 生 み 出 したレンジローバー ヴェラール へと 至 っている。 ディフェンダーの 次 のモデルもデビュー 間 近 だ。 発 表 を 待 つ 新 モデルが 列 をなし、その 多 くがこれまでのブランドのイメージ を 一 変 させようと 待 ち 構 えている。 本 人 の 言 葉 を 借 りれば、すべてはビジョンから 始 まる。ビジョ ンの 中 心 にはテクノロジー、エンジニアリング、デザインの 全 て の 領 域 における 現 代 の 車 への 基 本 的 な 理 解 がある。だが 何 より も 重 要 なのは、 渇 望 される 車 であることだ。 テクノロジーに 最 初 に 興 味 を 持 ったきっかけは? 私 にとってテクノロジーは、 一 つのツールにすぎません。 技 術 本 位 のものには 興 味 がなく、デザインが 可 能 にする 技 術 に 関 心 があります。 複 雑 すぎる 技 術 は 決 して 歓 迎 されません。 人 は 「 最 終 的 に 技 術 に 求 められるのは 渇 望 される 製 品 造 りに 役 立 つかどうかです。 より 安 全 に、 より 速 く。 ランドローバーの 場 合 は 、よ り モ ダニ ストであ る ことも 重 要 で す」 はずです。そこに 余 分 なラインや 細 部 が 入 ると 意 図 が 見 えなくなります。 建 築 についても 同 じように 感 じま す。 200 年 前 に 考 案 されたかに 見 える 家 に 満 足 して 住 んでいるような 人 をまったく 理 解 できません。 未 来 を 称 賛 する 方 が 良 いと 思 いませんか? この 点 でもテク ノロジーは、 未 来 を 見 据 えた 開 発 をす る 手 助 けをしてくれます。 常 に 緻 密 でチームに 対 する 要 求 が 高 い ですね。 製 造 工 程 に 限 界 があってがっ かりすることはありますか? 多 くの 点 で 自 動 車 のデザインは、エン ジニアリングの 次 、という 扱 いを 受 けて 製 品 と 触 れ 合 うとき、その 全 体 を 見 るものです。このときに 重 ジェリー・マクガバン 要 なのは、 感 情 的 な 結 び 付 きがもたらされること。この 結 び 付 きを 高 めて 増 幅 できる 技 術 なら 素 晴 らしい。 少 なくともデザイ ンが 容 易 になるような 技 術 でなければ。 理 想 はデザイン 工 程 を 加 速 してくれる 技 術 です。 例 えばコンピュータは 作 業 効 率 を 高 め、 創 造 性 に 広 がりをもたらしました。 私 たちが 最 終 的 に 技 術 に 求 めることは、 渇 望 される 製 品 造 り に 役 立 つかどうかです。より 安 全 に、より 速 く。そしてランド きたと 思 います。 製 品 の 人 気 にいつでも デザインが 大 きく 貢 献 しているという 考 えはありましたが、それでも 過 去 のデザ インにおいて、その 創 造 性 の 意 味 がどれだけ 知 的 に 説 明 できて いたかということを 考 えると、 疑 問 がある。もっと 洗 練 されて いてよかったと 思 います。 自 動 車 メーカーのデザインセンスは、 究 極 的 には 会 社 の 成 り 立 ちに 関 係 していると 思 います。 経 営 陣 がデザインの 価 値 を 認 めなければ、その 会 社 が 良 いデザインを ローバーの 場 合 は、よりモダニストであることも 重 要 です。 モダニズムにこだわっていますね。それはビジョンを 磨 いて 洗 練 させた 結 果 でしょうか? モダニズムは 進 んで 先 を 見 ようとする 一 つの 哲 学 であり 活 動 レンジローバー ヴェラール ( 右 )はマクガバンが これまでつくってきた 中 で 最 も「 引 き 算 の 美 学 」 が 際 立 つ 車 だ。インテリア デザインは、 意 図 的 に 一 切 の 無 駄 を 排 している。 生 み 出 すことはとても 難 しいでしょう。 ランドローバーのデザイナーが 恵 まれているのは、デザイン の 意 義 がきちんと 評 価 されていることです。デザイナーは 自 ら の 貢 献 を 最 適 化 できる 環 境 にいるので、 構 造 に 関 する 責 任 も 持 ちます。デザインはエンジニアリングをはじめとした 他 の 領 域 と 68

RIGHT XXXXXX PHOTOGRAPHY: XXXXXXXXX XXXXXXX XXXXXXXXX 69

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。