Views
9 months ago

2018年4月

  • Text
  • Rover
  • Images
  • Motor
  • Heritage
  • Luxury
  • Species
  • Vogue
  • Castrol
オリジナル・ランドローバー誕生の物語 | ランドローバーはいかにアドベンチャーと科学的探求を推し進めてきたか | GQマガジンエディターのディラン・ジョーンズ、チーフ・デザイン・オフィサーのジェリー・マクガバンとインスピレーションについて語る | 電気自動車とコネクテッド車の潜在的影響を探る | 中国 天門山の99のヘアピンカーブと999の急階段に挑む

AGE OF DISCOVERY 1986 |

AGE OF DISCOVERY 1986 | 「プロジェクト・ジェイ」 最 初 のクレイモデルを 製 作 | コンラン・デザインの 協 力 で 特 徴 的 なインテリアが 誕 生 1989 | 9 月 12 日 :フランクフルトで 3ドアのディスカバリーをローンチ | 200TDiの 警 察 車 両 モデルが 178トンの 列 車 をけん 引 1980 年 代 半 ばまでに、レンジローバーは 新 しい 4ドアボディ、オートマチックトランス ミッション、そしてラグジュアリーをより 追 求 した VOGUE のようなモデルで 高 級 市 場 を 先 へ 先 へとけん 引 していた。そのため、より 実 用 的 なディフェンダーと 高 級 感 あるレンジロー バー との 隔 たりを 埋 める、 新 たなモデルが 検 討 され 始 めた。 新 型 車 は 両 ブランドのオフ ロード 能 力 をすべて 維 持 しながら 多 用 途 性 に 重 きを 置 き、オンロードでの 優 雅 な 走 りと 柔 軟 性 のある7シーターのインテリアを 備 える 必 要 があった。それはランドローバーの 成 長 を 促 すだけでなく、「 必 要 な 車 」から「 切 望 される 車 」へとポートフォリオの 移 行 を 進 める 車 でなければならなかった。 その 取 り 組 みは「プロジェクト・ジェイ」というコードネームで1986 年 に 始 まり、 最 初 の クレイモデルが 作 られた。コスト 削 減 と 開 発 時 間 の 短 縮 のため、そして 必 要 な 改 良 点 を 施 すために、 新 しい 車 にはレンジローバーのシャシーの 一 部 が 採 用 され、100 インチのホイー ル ベースも 共 有 された。ほぼ 同 じサイズのレンジ ローバーとの 差 別 化 には、 知 性 あふれるデザインを 「ディスカバリーは 採 用 。ランドローバーのデザインスタジオがたどり 業 界 記 録 を 着 いた 視 覚 的 な 処 理 を 施 すと、 大 きな 成 功 を 収 め 更 新 するほど た。その 一 例 がすぐに 見 分 けのつく 左 右 非 対 称 の 短 期 間 で 開 発 された。 後 部 だが、こうした 要 素 は 最 新 モデルである5 代 目 すぐに 大 成 功 を 収 め、 でも、なお 健 在 である。 世 界 中 の 専 門 ジャーナリストから 強 い 需 要 称 賛 され、 プロジェクト・ジェイはその 後 、 正 式 にディスカ ランドローバーが バリーと 名 称 変 更 され、1989 年 9 月 12 日 、フラ それまで 参 入 して ンクフルトモーターショーで 世 界 に 初 披 露 された。 いなかった 市 場 で そして、スコットランドでのメディア 向 けローンチで トップシェアを はこれが 真 のランドローバーであることがすぐに 証 占 めるようになった」 明 された。 警 察 車 両 塗 装 が 施 された4 気 筒 ディーゼ ルエンジン 200TDi 搭 載 モデルが、178トンの 列 ジェ ー ム ス・テ イラ ー 『 LAND ROVER DISCOVERY』 著 者 車 をけん 引 したのだ。 翌 年 、ディスカバリーはシベ リアでキャメルトロフィーに 初 参 加 し、あの 有 名 な 「サンドグロー」と 呼 ばれるキャメルイエローの 塗 装 を 強 く 想 起 させる 車 となった。この 新 しいモデルへの 需 要 をランドローバーはまたしても 低 く 見 積 もっていた。1993 年 、ディスカバリーへの 需 要 に 対 応 するために、ソリハル 工 場 では 夜 間 シフトを 加 えると 発 表 した。その 翌 年 、V8ガソリンエンジンモデルを 米 国 で 発 売 。 1998 年 までに 34 万 8,621 台 ものディスカバリーが 世 界 中 で 使 用 されていた。 “ディスコ”テック ランドローバーは 初 代 ディスカバリーのローンチから 9 年 後 、 再 びフラン クフルトモーターショーで、2 代 目 ディスカバリー シリーズ IIの 披 露 を 行 った。 見 た 目 は 初 代 に 似 ていた(デザインは 多 くの 変 更 を 必 要 としなかったからだ)が、エクステリアパネル を 一 つ 共 有 するほかはドライバーの 運 転 操 作 をアシストする 電 子 システムを 数 多 く 採 用 し、 先 代 よりも 走 行 性 能 を 高 めていた。 最 も 顕 著 な 例 はアクティブコーナリングエンハンスメン ト(ACE)。これは 背 の 高 いオフロード 車 に 乗 用 車 のような 敏 捷 性 を 与 えた。オフロード 性 能 もさらに 改 良 され、ヒルディセントコントロールなどの 技 術 を 搭 載 。その 性 能 は 2003 年 に 初 めて 開 催 されたランドローバー G4 チャレンジで、 出 場 選 手 が 運 転 するV8 エンジン 搭 際 立 つインテリア ランドローバーは 当 初 からディスカバ リーを 強 力 な 個 性 を 持 つモデルとして 開 発 した。 基 礎 を 共 有 するレンジローバー とはまったく 異 なる 個 性 である。そこで 英 国 デザイン 界 の 第 一 人 者 であるサー・テレ ンス・コンラン( 写 真 上 )が 率 いるコンラ ン・グループに 声 をかけ、ほかとは 一 線 を 画 すキャビンをつくることを 依 頼 した。 彼 らは 与 えられた 指 示 を 超 えて、 斬 新 なアイデアをデザインに 組 み 込 んだ。 例 えば 中 央 の 収 納 ボックスの 代 わりに 取 り 外 せるバッグを 考 案 した。もっともステア リングホイールの 中 央 にサングラスホル ダーを 置 くという 案 は 採 用 されなかった。 目 に 突 き 刺 さるようなソナーブルーの 室 内 カラースキームは、 今 どきの 嗜 好 には 少 し 明 るすぎるかもしれないが、 当 時 は 垢 抜 けて 見 え、 英 国 デザイン 賞 を 受 賞 し たほどだ。 ディスカバリーは 当 初 3ドアでローン チされ(1 年 後 には 5ドアモデルが 登 場 し た)、より 高 級 な 仲 間 との 違 いがさらに 強 調 された。レンジローバーにはまったく 適 さないような、 印 象 的 なサイドのグラ フィックとベーシックなプレススチールホ イールが 特 徴 だった。ホイールは 後 に 合 金 に 変 更 された。 写 真 : POPPERTOTO/GETTY IMAGES (1) 52

RIGHT XXXXXX 1990 | 5ドアモデルをローンチ | シベリアで 開 催 された キャメルトロフィーに 3ドアの200TDiが 参 加 | レガッタ 競 技 会 のカウズ・ ウィー ク 用 に「 フロ ー ティング」 ディスカバリーを 製 作 1997 | ディスカバリー シリーズ II に セルフレベリング 機 能 付 リアエアサスペンションを 搭 載 01 01 1989 年 のフランクフルトモーターショーでローンチした ディスカバリー 1( 奥 )は、1998 年 秋 にディスカバリー 2( 手 前 ) に 代 替 わりした。02 列 車 を 引 いてけん 引 能 力 を 示 した ディスカバリーは、すぐに 人 気 のけん 引 車 になった。03 1991 年 、 失 われた 謎 の 都 市 ウバールを 探 す 旅 へ。ディスカバリーを 運 転 す るのは、サー・ランオルフ・ファイアンズ。 02 03 PHOTOGRAPHY: XXXXXXXXX XXXXXXX XXXXXXXXX 03 53

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。