Views
7 months ago

2018年4月

  • Text
  • Rover
  • Images
  • Motor
  • Heritage
  • Luxury
  • Species
  • Vogue
  • Castrol
オリジナル・ランドローバー誕生の物語 | ランドローバーはいかにアドベンチャーと科学的探求を推し進めてきたか | GQマガジンエディターのディラン・ジョーンズ、チーフ・デザイン・オフィサーのジェリー・マクガバンとインスピレーションについて語る | 電気自動車とコネクテッド車の潜在的影響を探る | 中国 天門山の99のヘアピンカーブと999の急階段に挑む

PEERLESS LUXURY 1994 |

PEERLESS LUXURY 1994 | 1996 | 1999 | 2001 | 2004 | 完 全 な 新 型 レンジローバー 「P38A」がローンチ 31 万 7,615 台 目 を 最 後 に クラシックモデルの 生 産 が 終 了 6 台 の 限 定 モデル 「リンリー」が 登 場 ロンドンのデザイン・ ミュージアムで 新 世 代 のお 披 露 目 コンセプトカー「レンジストーマー」が デトロイトでお 披 露 目 の 快 挙 と 言 えた。 技 術 的 な 進 歩 は 続 き、1989 年 には 四 輪 駆 動 車 として 初 めてABSを 搭 載 。 1992 年 には 電 子 制 御 トラクションコントロール(ETC)と 電 子 制 御 エアサスペンションを 世 界 で 初 めて 搭 載 したSUVになった。 高 級 市 場 への 絶 え 間 ない 前 進 は 続 き、 初 代 レンジ ローバー( 後 に「クラシック」と 呼 ばれるようになる)は1993 年 に「Autobiography」モ デルの 導 入 で 頂 点 を 迎 えた。このバッジを 付 けた 最 初 の 車 両 は 完 全 にビスポークで、 後 部 座 席 にファックスを 設 置 するオプションもあった。 最 後 のクラシックモデルは1996 年 に 製 造 された。31 万 7,615 台 目 だった。オリジナル のデザインはあまりにも 人 気 だったので、2 代 目 レンジローバーが 後 継 車 種 として 市 場 に 投 入 されてからも 2 年 間 生 産 が 続 けられた。2 代 目 レンジローバーは 開 発 時 の 建 物 名 を 取 って P38Aというコードネームで 呼 ばれ、2001 年 に L322 のコードネームが 付 いた 3 代 目 に 置 き 換 えられた。 L322 の 開 発 費 は10 億 ポンドで、 英 国 車 史 上 最 高 額 だった。ロンドンのデザイン・ミュー ジアムで 発 表 されたその 堂 々たるデザインと 類 いま れなオフロード 性 能 を 自 動 車 専 門 誌 は 熱 狂 的 に 取 「レンジローバーは り 上 げた。そして 翌 年 には、50 万 台 目 のレンジ 1970 年 に 世 界 初 の ローバーが 製 造 された。 ラグジュアリーSU Vとして L322モデルは 現 役 時 代 を 通 して、インタラク 登 場 。4 5 年 が 経 って も 市 場 ティブドライバーディスプレイやデュアルビューイ を リ ー ドし 続 け 、 比 類 な き ンフォテインメントスクリーンといった 新 しい 技 術 快 適 さに 最 先 端 技 術 を を 紹 介 した。また、 画 期 的 なランドローバー 技 術 の 一 つが、レンジローバー 初 のコンセプトカー「レ 組 み 合 わ せ 、 究 極 の ンジストーマー」で 披 露 された。2004 年 の 北 米 ラグジュアリーSUV 体 験 を 国 際 自 動 車 ショー( 通 称 デトロイトモーターショー) 提 供 しています」 で 発 表 されたレンジストーマーには、テレインレス ニック・ロ ジ ャ ース ポンスが 搭 載 されていたのである。 確 かにテレイ ジャガー・ランド ロ ーバー グ ロ ー バ ル・エ ン ジニアリン グ・ ンレスポンスは、 今 ではブランドを 代 表 する 技 術 オペレーションズ 担 当 ディレクター だ。しかし 最 初 のレンジローバーのコンセプトカー が 造 られたのは、そういった 技 術 を 見 せるためだ けではなかった。レンジストーマーの 意 義 は、は るかに 大 きい。ブランドにとってよりダイナミックな 新 デザイン 言 語 を 提 示 し、レンジロー バーはただの 車 を 超 えた 存 在 である、という 概 念 を 示 す 役 割 を 担 ったのだから。レンジス トーマーはレンジローバーにおいて 類 いまれな 創 造 性 の 波 を 広 げ、 以 来 毎 年 のようにソリハ ルから 新 しいモデルやコンセプトカーが 生 み 出 されている。レンジストーマーのお 披 露 目 か らちょうど 1 年 後 、ダイナミックレスポンスを 導 入 したレンジローバー スポーツが 加 わって、 レンジローバーはファミリーへと 発 展 した。 急 進 的 な 新 デザイン 2008 年 、レンジローバー 史 上 第 二 のコンセプトカー「LRX」が 披 露 された。レンジス トーマー 同 様 、レンジローバーファミリーに 加 わる 今 後 のモデルが 示 唆 されるものだった。 2011 年 、LRX の 急 進 的 なデザインを 維 持 しながら、 同 時 により 若 い、より 都 会 的 な 人 た 活 動 の 幅 を 広 げる デイビッド・ベイチュによるレンジロー バーのオリジナルデザインは 高 く 評 価 さ れ、すぐにビスポークによる 一 連 の 改 造 で 幅 を 広 げた。 中 には 真 摯 な 目 的 を 果 た したものもあった。 オリジナルのレンジローバーが 備 える 他 の 追 随 を 許 さないオフロード 能 力 と 快 適 さは、 遠 隔 地 で 負 傷 した 患 者 を 搬 送 す る 救 急 車 に 非 常 にふさわしいものだった。 同 様 に、 負 荷 が 最 大 のときでも 高 い 性 能 と 接 地 性 を 発 揮 するため、 空 港 用 化 学 消 防 車 のベースとなる 車 両 にぴったりだった。 何 百 台 も 製 造 され、 多 くは 消 防 装 備 と 大 型 水 槽 を 運 べるように 延 長 シャシーを 持 ち、リアにふたつの 車 軸 を 備 えた。 コーチビルダーはレンジローバー イ ヴォークのローンチよりはるか 前 からレン ジローバーのコンバーチブルを 提 供 し 始 めた。6 輪 、さらには6ドアにまで 延 長 し たタイプは 富 裕 層 顧 客 にも 好 評 で、 特 に 中 東 で 際 立 った 人 気 を 見 せた。 こうした 要 素 すべてを 組 み 合 わせ、 前 後 に 長 く6 輪 オープントップのレンジロー バーを 鷹 狩 り 用 に 造 る 改 造 メーカーも あった。このタイプでは 鷹 匠 は 立 って 鷹 を 放 つことができる。ロンドン 近 郊 のサ リーを 拠 点 とするジャンケル・エンジニア リングは、 中 央 のシートが 王 座 のように 高 くなった 車 両 まで 造 り、 裕 福 な 鷹 匠 た ちの 要 求 に 答 えた。 写 真 : ALAMY / MAURITIUS IMAGES, BRITISH MOTOR MUSEUM HERITAGE TRUST, SONY PICTURES 40

RIGHT XXXXXX 2005 | 2006 | 2008 | 2010 | 2011 | ダイナミックレスポンスを 搭 載 した レンジローバー スポーツが 登 場 フラッグシップモデルに テレインレスポンスを 搭 載 レンジローバー イヴォークの 前 触 れとなるコンセプトカー 「LRX」がデトロイトでお 披 露 目 負 傷 兵 士 を 支 援 する 非 営 利 団 体 「ヘルプ・フォー・ヒーロー」に 100 万 台 目 を 寄 贈 レンジローバー イヴォークの 生 産 開 始 02 11 01 03 PHOTOGRAPHY: XXXXXXXXX XXXXXXX XXXXXXXXX 01 多 くのランドローバーと 同 様 、 レンジローバーも 昔 からメジャー 雑 誌 に 紹 介 されてきた。02 2004 年 、 ランドローバーはレンジローバー スポーツのストーマーエディションを 発 表 。 同 年 ローンチされたレンジローバー スポーツの 先 行 モデルとなった。 03 最 初 のレンジローバー スポーツは ディスカバリー 3 から 適 応 された セミモノコックとシャシーフレーム 構 造 だった。04 ランドローバーの コン セプトカー「 L R X 」 は 2 0 0 8 年 に 北 米 国 際 自 動 車 ショーで 世 界 に 紹 介 された。これが 後 にランドローバー 初 のコンパクト SUV、レンジローバー イヴォークへと 進 化 する。 04 41

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。