Views
7 months ago

2018年4月

  • Text
  • Rover
  • Images
  • Motor
  • Heritage
  • Luxury
  • Species
  • Vogue
  • Castrol
オリジナル・ランドローバー誕生の物語 | ランドローバーはいかにアドベンチャーと科学的探求を推し進めてきたか | GQマガジンエディターのディラン・ジョーンズ、チーフ・デザイン・オフィサーのジェリー・マクガバンとインスピレーションについて語る | 電気自動車とコネクテッド車の潜在的影響を探る | 中国 天門山の99のヘアピンカーブと999の急階段に挑む

XXXXXXX CONTENTSLEFT 18

XXXXXXX CONTENTSLEFT 18 28 44 58 64 764 88

CONTENTS 写 真 : NICK BALLÓN, ALEX HOWE (2), CHARLIE GRAY, DON ROMNEY COVER: OLEG KASKO 08 記 念 すべき 誕 生 日 を 迎 えて ランドローバーはいかにして 大 胆 な 探 検 に パワーを 与 えたか。 存 命 する 世 界 で 最 も 偉 大 な 冒 険 家 、サー・ランオルフ・ファイアンズが 無 謀 とはかけ 離 れた 冒 険 の 本 質 を 語 る。 10 ルーツをひもとく 初 代 ランドロ ーバー の 構 想 、 開 発 、 進 化 、 成 果 の 略 史 をたどり、 自 動 車 史 上 でも 際 立 つ ランドローバーの 起 源 をお 伝 えする。 18 驚 きの 生 還 70 年 の 時 を 経 て、 再 び 姿 を 現 した 1948 年 のランドローバー 先 行 量 産 車 。 その 誕 生 の 建 物 で 元 オーナーが 再 会 を 果 たす。 28 新 時 代 を 開 いたレガシー 初 の 陸 路 遠 征 を 含 め 、ランド ロ ー バ ー が 長 年 に 渡 ってけん 引 してきた 冒 険 の 世 界 とは? 「 冒 険 を 探 る」シリーズ 、パート1。 34 比 類 なきラグジュアリー 世 界 初 のラグジュアリーSUVとして 洗 練 と 技 術 に 磨 きをかけ、 道 を 切 り 開 き 続 ける レンジ ロ ーバー のフル・ストーリー 。 44 能 力 の 高 さを 証 明 する 旅 「 冒 険 を 探 る」シリーズ 、パート2 。 レンジローバーで1971 年 に 過 酷 な 長 旅 をした 生 来 のドライバーと、 挑 戦 の 物 語 。 50 ディスカバリーの 時 代 5 世 代 にわたる 多 用 途 S U Vの 起 源 、 進 化 、 そして 独 自 ファミリーの 誕 生 。 フリーランダーの 影 響 も 振 り 返 る。 58 難 局 を 乗 り 越 える 「 冒 険 を 探 る」シリーズ 、パート3 。 キャメルトロフィーとランドローバーG4 チャレンジという 偉 業 の 歴 史 をひもとく。 62 自 ら 体 験 する ランドローバーエクスペリエンスに 参 加 して、オフロード 走 行 のスキルを 磨 きながら 胸 躍 る 冒 険 の 旅 を 満 喫 する 方 法 。 64 スタイルの 核 心 デ ザイン、 革 新 、 現 代 性 の 意 味 に ついて 英 国 版 『GQ』の 編 集 長 がランドローバーの チーフデザインオフィサー、 ジェリー・マクガバンにインタビューした 。 72 未 来 のドライブ 電 気 自 動 車 やコネクテッドカーが 今 後 の 自 動 車 社 会 に 与 える 貢 献 を 探 る。 76 極 限 のスリルを 感 じる フォーミュラEのレーシングドライバー、 ホーピン・タンがレンジローバー スポーツ PHEVで 中 国 湖 南 省 に 赴 き、 天 門 洞 まで 続 く999 段 の 急 な 階 段 を 上 る。 80 すご 腕 のチーム 特 注 モデルの 完 成 度 でお 客 様 を 喜 ばせる ランドローバーのスペシャルビークル オペレーションズ 部 門 の 活 動 について。 86 独 占 披 露 新 型 レンジローバー SV クーペを 初 披 露 。 生 産 台 数 わずか999 台 という2ドアタイプだ。 88 ケーキはいかが? 70 周 年 を 祝 うバースデーケーキは 元 建 築 家 が 設 計 した 驚 くべき 特 注 品 となった。 先 進 技 術 を 用 いたスイーツの 世 界 。 94 盛 大 に 祝 福 を 世 界 を 見 回 すと、 特 別 な 節 目 や 達 成 を 祝 う 方 法 は 文 化 によってさまざまだと 分 かる。 祝 福 の 文 化 史 をアメリカの 社 会 学 者 アミタイ・エツィオーニが 披 露 する。 Editor in Chief David Barnwell | Senior Editor Neal Anderson | Senior Art Director Dan Delaney | Creative Director Michael Darling Designer Thomas Saible | Designer David Klingl | Managing Photo Editor Katjana Frisch | Production Director Marie Bressem Production Manager Nadja Göricke | Business Director Alex Robb | Account Manager Adrianna Juraszek | Market and Production Manager Hannah McDonald | Jaguar Land Rover Customer Contact Programme Senior Manager Ema Forster | MD Production Unit Dr. Markus Schönmann 広 告 に 関 するお 問 い 合 わせは、 以 下 にご 連 絡 ください。 Katherine Galligan | Katherine@metropolist.co.uk | +44 20 7887 6146 Vishal Raghuvanshi | Vishal@metropolist.co.uk | +44 20 7887 6147 ランドローバー の『 ONELIFE』マ ガ ジ ン は 、 Land Rover(Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF)の 代 理 として、Spark44 Ltd.(The White Collar Factory, 1 Old Street Yard, London EC1Y 8AF)が 発 行 しています。Copyright Spark44 Ltd. 2018. All rights reserved. 出 版 社 の 書 面 による 許 可 なく 全 体 、または 一 部 を 複 製 することは 禁 止 されています。 本 誌 に 表 明 されている 意 見 などはランドローバーのもので は な く 、 執 筆 者 の も の と な り ま す 。『 ONELIFE』マガジンに 掲 載 のコンテンツ 作 成 にあたっては 万 全 を 期 していますが、 仕 様 、 機 能 、 装 備 が 変 更 される 場 合 や 国 によって 異 なる 場 合 があります。 立 ち 入 りが 制 限 されてい る 区 域 でのビデオや 写 真 の 撮 影 にあたっては 必 要 な 許 可 を 得 た 上 で 行 われています。また 記 載 の 情 報 は 印 刷 時 において 最 新 のものとなります。ランドローバーの 車 両 についてのお 問 い 合 わせは、お 近 くのランドローバー 正 規 ディーラーにお 願 いします。 本 誌 では、 正 規 の 手 続 きを 踏 まない 原 稿 、 写 真 、イラストなどは 受 け 付 けておりません。またそれらに 対 して 一 切 の 責 任 を 負 いかねます。 安 全 運 転 を 心 がけましょう。 ご 質 問 やご 意 見 はeメールでお 寄 せください: ONELIFE@Spark44.com 5

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。