Views
8 months ago

2018年4月

  • Text
  • Rover
  • Images
  • Motor
  • Heritage
  • Luxury
  • Species
  • Vogue
  • Castrol
オリジナル・ランドローバー誕生の物語 | ランドローバーはいかにアドベンチャーと科学的探求を推し進めてきたか | GQマガジンエディターのディラン・ジョーンズ、チーフ・デザイン・オフィサーのジェリー・マクガバンとインスピレーションについて語る | 電気自動車とコネクテッド車の潜在的影響を探る | 中国 天門山の99のヘアピンカーブと999の急階段に挑む

22

PRE-PRODUCTION CAR NO. 7 「この 車 はわずか 数 ヵ 月 で 設 計 、 製 作 さ れ 、 「 本 当 に 驚 くような 話 だよ」とメイソンは 笑 顔 で 言 う。すっかりくたびれたボ ディパネルの 細 部 をつぶさに 見 ながら、SNX 910 の 周 りをゆっくりと 歩 く。 「バーミンガムに 小 さな 整 備 工 場 を 持 っていてね。ある 日 男 がやって 来 て、2 台 の 古 いシリーズ I を 買 わないかと 聞 いてきた。1988 年 から 裏 庭 にずっと 置 いて あるというんだ。 私 が 買 わないなら 解 体 に 回 すと。 触 手 はさほど 動 かなかった が、 折 りをみて 2 ヵ 月 後 に 行 ったんだ」。とうとうメイソンが 重 い 腰 を 上 げてそ の 車 を 見 に 行 くと、1 台 は 完 全 な 車 だったが、もう1 台 は「 完 全 にボロボロの 箱 」 だった。どちらも 20 年 間 という 積 年 の 泥 に 車 軸 まで 埋 まっていた。 売 り 主 と 金 額 の 合 意 をした 後 、メイソンとその 友 人 、デイブ・アンフィエットは 4 ヵ 月 近 く かけて2 台 を 掘 り 出 し、 整 備 工 場 に 持 ち 帰 った。 メイソンは 撮 影 した 一 連 の 写 真 をシリーズ I の 熱 烈 なファンである 友 人 に 見 せ た。そして 初 めて、 自 分 が 買 ったものの1 台 がむしろ 特 別 なものかもしれない と 気 付 いた。「 友 人 はステアリングコラムを 見 て、ボロボロの 方 の 車 はプロトタ イプだと 断 定 した。 通 常 の 量 産 車 のコラムは 一 体 型 のプレスブラケット。でも、 買 った 車 のコラムは 3 つのブラケットが 溶 接 されていたんだよ」。もっと 調 べる とナンバー 7 を 付 けたシャシーが 初 期 のプロトタイプだと 分 かった。「エンジン はナンバー 6 で、ギアボックスとラジエーターがどちらもナンバー 7。すべて 一 緒 にまとまっていたよ。それを 見 て、 手 に 入 れたのが 珍 獣 だと 分 かったんだ」。 成 功 に 向 けた 製 作 L07の 調 査 のため、ランドローバーは 社 内 のエキスパートであり 歴 史 家 である マイク・ビショップが 率 いるチームを 送 り、その 真 正 性 を 確 認 した。ランドロー バーのチームはメイソンからその 車 を 買 い 上 げ、 何 ヵ 月 も 調 査 する 中 で、SNX 910 がエンジンテスト 車 両 だったことが 分 かった。1948 年 の 初 期 段 階 に 製 作 さ れ、ランドローバーの 伝 説 のエンジニア、アーサー・ゴダード、テストドライバー のジョニー・カレン、そしてモーリス・ウィルクス 本 人 によって 性 能 が 試 された 最 初 の10 台 の 先 行 量 産 車 の1 台 だった。モーリス・ウィルクスはローバーの 当 時 のテクニカルチーフで、ランドローバーのアイデア 全 体 を 最 初 に 考 案 した 人 物 だ。 さらに 重 要 なのは、この 車 が 1948 年 のアムステルダム・モーターショーで ローンチされた 車 両 だったことだろう。その 場 にいた 現 在 96 歳 のアーサー・ゴ ダードは 語 る。「ランドローバーはショーでとても 高 く 評 価 されたと 言 える。 忘 れないでほしいのは、この 車 がわずか 数 ヵ 月 で 設 計 、 製 作 され、テストのほと んどはアングルシー 島 のモーリス・ウィルクスの 別 荘 近 くで 私 たち 3 人 だけで 実 施 したということ。ショーの 時 点 では10 台 のプロトタイプしか 準 備 ができてい なかったんだ。 私 自 身 もナンバー 3のプロトタイプをアムステルダムまで 運 転 し た。それが 初 めての 海 外 旅 行 になったよ」と 笑 った。「でも 結 局 は、ランドロー バーの 成 功 がローバーの 運 勢 を 変 えたんだ」。 確 かに。 最 初 の2 年 間 で2 万 4,000 台 が 製 造 されたのだから。 アムステルダムでのデビュー 後 、ナンバー 7は1948 年 後 半 に 当 初 の 左 ハンド ルから 右 ハンドルへ 改 造 された。そして1955 年 までランドローバーが 維 持 し た 後 、ソリハル 在 住 の 最 初 のオーナーに 売 り 渡 された。この 車 の 管 理 記 録 原 本 も 奇 跡 的 に 現 存 している。 紙 が 黄 ばんだこの 記 録 によれば、ナンバー 7はその 後 ミッドランズの 何 人 かのオーナーの 手 にわたった 後 、アルダーミンスターで 酪 農 業 を 営 むアレクサンダー・マディソンの 元 に 到 達 した。 自 動 車 売 買 も 手 掛 け ていたマディソンはその 車 を1967 年 から1969 年 まで 所 有 し、そこから 48 年 後 にメイソンが 訪 問 者 を 迎 えるまで 記 録 は 途 絶 えた。 テストのほとんどは 私 たち3 人 だけで 実 施 した」 1948 年 当 時 のランドローバー 開 発 エンジニア、 アーサー・ゴダード 前 ページ 上 / 当 ページ 下 : 1969 年 以 来 初 めて SNX 910 を 目 にする ジューン・マディソン。 前 ページ 右 下 : 管 理 記 録 の 原 本 は 黄 ばんではいるものの 奇 跡 的 に 現 存 し、1967 年 に 購 入 したアレクサンダー・ マディソンを 含 むオーナーの 履 歴 を 確 認 することができる。 23

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。