Views
1 year ago

2018年10月

  • Text
  • Rover
  • Heritage
  • Phev
  • Experiences
  • Discovering
  • Peak
  • Cape
  • Arctic
  • Pioneers
  • Resolution
インド辺境の地にランドローバー愛好家の情熱を見た | レンジローバー ヴェラールでスリリングな氷上ドライブを体験する | 船員モンティ・ホールとその家族と共に美しい都市ドニゴールを旅する Above&Beyondツアーで子供の頃に感じたあの興奮を再び体験する | なぜレンジローバーPHEVは登山家ジミー・チンを魅了するのか | 史上最もパワフルなディフェンダー、クラシックワークスV8スペシャルと出会う

CLASSIC WORKS

CLASSIC WORKS 72

「 叔 父 が 初 代 ディスカバリーを 持 っていたんです」と 語 るのはティ ム・ハンニグ、ランドローバークラシックのディレクターだ。「 家 族 で デンマークに 住 む 彼 をよく 訪 ねたものです。 後 部 横 の 大 きなドアから よじ 登 って、 後 ろにある 横 向 きベンチシートに 座 るのが 好 きでした。 8 歳 のころの 話 です。ただもうかっこいい 車 だと 夢 中 でしたよ」。 今 や70 年 の 歴 史 を 誇 るブランドだ。 誰 もがランドローバーの 物 語 を 持 っており、こういったストーリーはあらゆる 大 陸 に 広 がっている (そして 海 の 道 さえも。2008 年 にベーリング 海 峡 を 陸 用 車 両 として 初 めて 渡 ったのを 思 い 出 してほしい)。 そして 今 、ランドローバーの 新 たな 物 語 が、 英 国 ミッドランズ 地 方 の 新 しい 専 用 施 設 、クラシックワークスで 育 まれている。 同 様 の 施 設 としては 世 界 最 大 で、 設 立 費 は700 万 ポンド、 広 さは1 万 4,000 平 方 メートル。 販 売 、サービス、レストアのすべてを 手 掛 ける 施 設 だ。 ビジターを 迎 えるショールームを 境 に、 巨 大 なガラスのドアの 向 こう には54 箇 所 の 作 業 ベイと、 解 体 、 再 製 造 、 組 み 立 ての 専 用 ゾーン が 備 わる。その 後 ろには 洋 服 だんすの 奥 に 隠 された 宝 物 のように、 クラシックコレクションが 並 ぶ。この 保 管 エリアは、500 台 を 超 え る 車 両 でいっぱいだ。 ハンニグは 言 う。「クラシックワークスは 博 物 館 に 近 い 役 割 も 果 た しています。ツアーではランドローバーの 歴 史 を 知 ることになります が、ここは 現 在 も 稼 働 する 場 所 です。 生 きた 歴 史 ですね」。 完 璧 さの 追 求 生 産 が 終 了 している 車 両 を 手 掛 ける 施 設 に、なぜそこまで 投 資 す るのか? そこにはふたつの 要 素 がある、とハンニグは 説 明 する。「ひ とつはブランドの 歴 史 を 称 え、 皆 さんに 体 験 してもらうことです」。 ランドローバーほど 豊 かな 歴 史 があると、 称 えるべきものに 不 足 は ないだろう。だが、クラシックワークスを 生 み 出 したいちばんの 理 由 は 他 にある。「 持 続 可 能 性 を 目 指 した 事 業 だからこその 投 資 、という 点 が 第 一 義 ですね」と 彼 は 言 う。 古 いランドローバーをレストアする ことは、 多 大 なる 興 奮 を 生 んでいくのだ。 クラシックワークスのエンジニア、グレッグ・キングはこう 思 い 返 す。 「2015 年 に1948 年 式 のシリーズ I の 生 産 ラインを 改 めて 作 ったとき、 大 きな 反 響 がありました。 最 初 は、 何 が 可 能 かを 確 かめようという ただの 研 究 の 場 でした。 後 にどれだけ 成 功 するかなんて、 分 かって いなかった」。キングは 自 ら 認 めるように、「 根 っからのランドロー バー 好 き」だ。デヴォン 州 南 部 の 農 場 で 育 った 彼 は、 子 供 のころか らランドローバーに 夢 中 で、16 歳 のときに 実 習 生 として 入 社 した。こ のようなプロジェクトに 関 わることは、 彼 の 究 極 の 挑 戦 だった。 パワートレインから 「1940 年 代 にまでさかのぼるオリジナルの 図 面 がすべてあります」 外 観 まで、クラシック とキング。そこに 残 るノウハウを 使 えば、ランドローバーはレストアプ ワークスには、あらゆる ロジェクトを 他 の 追 随 を 許 さないレベルで 提 供 できる。だが 実 際 は、 年 代 のランドローバー 車 両 を 完 璧 にレストア 図 面 だけで 実 現 できるものではない。エキスパートの 存 在 が 不 可 欠 するのに 必 要 なものが なのだ。クラシックカーほど 専 門 的 な 分 野 では、 適 材 を 得 ることが すべてそろっている。 右 下 :ゼネラル 成 否 を 分 けるとハンニグは 信 じている。2 年 前 は 35 名 ほどの 従 業 員 マネージャーの がソリハル 工 場 の 一 角 で 作 業 していた。 現 在 では、140 名 のスペシャ フェリックス・ウェルチ。 「クラシックカーとオーナー は 感 情 の 結 びつきが 強 い も の 。 同 様 の 敬 意 を 持 っ て 取 り 組 む 必 要 が あ る の で す」 リストがクラシックワークス 専 用 施 設 のベイ 全 体 でレストアに 取 り 組 んでいる。 ハンニグは 断 言 する。「お 客 様 は 私 たちを 信 頼 して 車 を 預 け ます。クラシックカーとオーナー は 強 い 感 情 的 な 結 びつきがある ものなので、 同 様 の 敬 意 を 持 っ て 車 両 に 取 り 組 む 必 要 があるんです」。 作 業 の 性 質 上 、 品 質 管 理 は 工 場 生 産 ラインと 同 じようにはいかない。「ホイールのナットが 正 し いトルクで 取 り 付 けられているかをロボットで 確 認 することはできま せん。1 台 1 台 が 異 なるので、 有 能 でスキルが 高 いだけではなく、 毎 日 、 最 高 の 仕 事 をする 意 欲 のあるスタッフがどうしても 必 要 なのです」。 限 界 への 取 り 組 み 既 存 のレストア 産 業 は 得 てして 小 規 模 になりがちだが、クラシック ワークスではオリジナルに 忠 実 であり 続 けながら、 最 高 品 質 へのこだ わりが 付 加 価 値 をもたらしている。「クラシックワークスでは、 部 品 が 不 足 することがないよう、 断 固 たる 決 意 でカタログを 改 良 していま す。 昨 年 は 部 品 を 新 たに150 点 追 加 しました。 私 たちと 一 緒 に 取 り 組 んでくれる 愛 好 家 が 必 要 ですね」とハンニグは 説 明 する。 ナレッジを 蓄 積 することで、 業 界 は 最 も 必 要 なコンポーネントを 特 定 できる。ハンニグは 言 う。「 無 駄 のない 適 切 な 投 資 は、 業 界 全 体 にメリットをもたらします。つまり、 現 場 で 培 った 経 験 と 知 識 に よって、 誰 もが 新 しい 予 備 部 品 を 入 手 できるようになる。 自 宅 の 車 庫 でレストアする 人 にも、 専 門 業 者 に 委 託 する 場 合 と 同 様 に 優 良 な 予 備 部 品 を 提 供 す べ き で す か ら 」。 クラシックワークスは、 車 の 新 旧 を 問 わず、ランドローバー 初 のリ テールアウトレットにもなっている。ランドローバーはこれまで、メー カーであり 卸 売 業 者 だったが、ここは 一 般 ユーザーを 販 売 店 だけで はなく、 整 備 工 場 の 中 にまで 直 接 誘 い 込 むことができる 新 しい 領 域 だ。クラシックワークスはそうやって、いまだかつてないお 客 様 との つながりを 築 いている。 クラシックワークスのゼネラルマネージャー、フェリックス ・ウェ ルチは 語 る。「 工 場 ツアーは 開 始 以 来 、 常 に 予 約 でいっぱいです。 車 は 芸 術 作 品 に 近 いので、 筋 金 入 りのファンだけではなく、クラシック カーの 世 界 に 足 を 踏 み 入 れたばかりの 人 々も 引 き 付 けているのです。 先 週 の 日 曜 日 にはランドローバー 朝 食 クラブを 開 催 しました。50 周 年 記 念 エディションのディフェンダーが 52 台 集 まり、これまでにな い 大 きな 規 模 の 集 いになりましたよ」。 クラシックワークスは 今 、さらに 遠 くを 見 据 えている。2 番 目 の 施 設 がすでにドイツのエッセン 州 にオープンし、 北 米 センターも 計 画 中 だ。ハンニグはいたずらっ 子 のような 笑 みを 浮 かべて 言 う。「 需 要 の ある 場 所 ならどこでもサービスを 提 供 します。ランドローバーは 国 境 で 止 まったりしません。はるか 先 まで 走 破 するのがランドローバーで す か ら 」。 73

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。