Views
1 year ago

2018年10月

  • Text
  • Rover
  • Heritage
  • Phev
  • Experiences
  • Discovering
  • Peak
  • Cape
  • Arctic
  • Pioneers
  • Resolution
インド辺境の地にランドローバー愛好家の情熱を見た | レンジローバー ヴェラールでスリリングな氷上ドライブを体験する | 船員モンティ・ホールとその家族と共に美しい都市ドニゴールを旅する Above&Beyondツアーで子供の頃に感じたあの興奮を再び体験する | なぜレンジローバーPHEVは登山家ジミー・チンを魅了するのか | 史上最もパワフルなディフェンダー、クラシックワークスV8スペシャルと出会う

NEVER STOP DISCOVERING

NEVER STOP DISCOVERING 旅 する 者 にとって、 国 境 には 特 別 な 何 かがある。2 つの 世 界 をまたがる 瞬 間 であり、1つの 環 境 から 別 の 環 境 に 移 るのだと いう 感 覚 が 高 まる。 旅 の 意 識 が 強 まるのだ。 個 人 的 には 陸 と 海 の 間 にある 国 境 ほど 高 揚 するものはないと 思 っている。 旅 と 探 検 の 歴 史 において、 海 岸 線 には 常 にある 種 の 魔 法 がある。 中 で もアイルランド 北 西 部 、ドニゴール 州 の 海 岸 はどこよりも 驚 きに 満 ちていると 言 わざるをえない。 入 り 組 んだ 海 岸 線 はハチの 巣 のように 見 える 場 所 もあり、 絶 え 間 なく 変 化 している。 アイルランド 最 北 西 にあるドニゴールは、 西 ヨーロッパの 最 果 てだ。かかとの 下 に 大 陸 を 感 じながら、 爪 先 を 広 大 な 海 に 浸 け ることができる 稀 有 な 場 所 である。 私 はこの 地 に、ちょっとし たゆかりがある。アイルランドの 最 北 端 であるドニゴール 州 のマ リン・ヘッドは、 私 が 2011 年 に 人 生 で 最 も 記 憶 に 残 る 出 逢 い があった 場 所 なのだ。それは 驚 くべき1 日 だった。 岬 に 立 つと、 崖 下 の 澄 んだ 海 水 の 中 を、 何 百 匹 ものウバザメが 泳 ぎ 回 ってい るのが 見 えた。そこにあるのは、 海 流 、 潮 、プランクトン、そ して 雲 一 つない 空 に 輝 く 太 陽 だけ。 地 球 上 で2 番 目 に 大 きな 魚 が 集 合 した 忘 れられない 光 景 だった。 7 年 後 、 私 はこの 地 に 家 族 を 連 れて 戻 ろうとしていた。そこ はアイルランドで 最 も 人 口 が 少 ない 州 の 一 つであり、 驚 異 的 な 海 岸 線 、 手 つかずの 内 陸 の 自 然 を 共 に 体 験 するために。 私 自 身 は 数 年 前 にBBC( 英 国 放 送 協 会 )のシリーズ「The Great Irish Escape(アイルランドへの 大 脱 出 )」の 撮 影 中 に、アイ ルランドへの 愛 情 を 育 んだ。だが、 妻 タムは 先 祖 の 中 にアイル ランドとのつながりがあり、それに 比 べると 私 の 想 いなど 色 あ せてしまう。この 先 祖 のつながりは 私 たちの 娘 、アイラとモリー にも、はっきりと 表 れている。 特 にモリーの 赤 い 髪 の 毛 は、 間 違 いなくケルトの 血 筋 によるものだ。そんなわけで、アイルラン ドの 独 自 文 化 を 称 えている 州 に 娘 たちを 連 れていくのはごく 自 然 なことに 思 われた。 荒 れ 狂 う 海 に 囲 まれ、 古 代 の 面 影 を 残 す 大 地 への 旅 は、アイラとモリーに 対 する 私 たちからのプレゼン トになるだろう。もっとも、かなり 私 自 身 の 意 向 が 入 ったものに はなるが。 長 旅 に 対 する 子 供 たちからの 要 求 (それは 却 下 できない 要 求 なのだ)を 考 慮 すると、1 週 間 の 旅 のための 荷 づくりはばかに ならない。 従 って 今 回 の 小 冒 険 に 選 んだランドローバーディス カバリーの 驚 くほどの 収 納 力 が、 最 大 限 に 試 されることになっ た。 実 際 、ディスカバリーにはすべてを 詰 め 込 むスペースがあっ た。 巨 大 な4つのスーツケース、バックパック、バケツとスコッ プを 積 み 込 み、その 真 ん 中 に 私 の 小 さな 旅 行 かばんを 載 せる。 さらに、ボートもけん 引 していた。1,120 キロ 以 上 続 くドニ ゴールの 海 岸 線 を 訪 れるのに、 大 西 洋 に 漕 ぎ 出 て 沖 合 の 島 々や 隠 れた 入 り 江 まで 行 き 着 くための 手 段 がないというのは、あり 得 ない 話 だったからだ。 私 にしては 珍 しく、けん 引 を 体 験 する のは 楽 しかった。ランドローバーでなければストレスの 多 い 旅 に なっただろう。しかしランドローバーは、あえて 言 わせてもらう と、 旅 に 完 全 な 安 全 と、 大 いなる 楽 しみを 生 み 出 すよう、 十 分 な 資 源 を 注 ぎ 込 んだようだ。 実 際 のところ、 唯 一 の 問 題 は 時 々、 けん 引 していることをすっかり 忘 れてしまうことだけだった。そ うこうするうちに 最 初 の 目 的 地 に 到 着 した。 目 は 冴 え、 頭 もスッ キリしていて、 危 機 的 な 夫 婦 喧 嘩 もないままに。 たった1 週 間 の 探 検 では、ドニゴールの 魅 力 すべてを 体 験 す る 時 間 はない。 何 といっても、ここはナショナルジオグラフィッ クが 選 ぶ「2017 年 に 訪 れるべき 旅 行 先 」で1 位 に 輝 いた 場 所 だ。 だが、 私 たちは 6 歳 と4 歳 の 目 線 で 旅 を 作 り 上 げることにした。 生 涯 の 思 い 出 になるのはどのような 体 験 か。 子 供 たちの 想 像 力 に 火 をつけるのは 何 か。 高 級 レストランやリラックスできるブティックホテルは、 彼 女 たちの 関 心 を 強 く 引 くことはない。もっともドニゴールにはこう した 場 所 がたくさんあるのだが。 私 たちがしたかったのは、 夢 ディスカバリーに 積 んだボディボードを 降 ろし、ロスナウラー・ ビーチを 満 喫 する ホールズ 一 家 。タラー ・ベイでは、 彼 らは 足 を 馬 に 替 え、 海 辺 を ゆっくりと 走 った。 54

「 生 涯 の 思 い 出 になるのはどのような 体 験 か。 子 供 たちの 想 像 力 に 火 をつけるのは 何 か?」

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーは「さらなる高みを目指す」ブランドとして、あなたをより広い世界へと導いていきます。Onelife最新号では、この哲学を体現する刺激的な物語と圧倒的なビジュアルをあなたのリビングにお届けします。中国のECOイノベーターからギリシャでのロードテスト、そしてドイツのモダニスト建築まで、世界の各地から多種多様な物の見方を体験してみてください。

ライブラリー

2019年5月
2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。