Views
3 months ago

2018年10月

  • Text
  • Rover
  • Heritage
  • Phev
  • Experiences
  • Discovering
  • Peak
  • Cape
  • Arctic
  • Pioneers
  • Resolution
インド辺境の地にランドローバー愛好家の情熱を見た | レンジローバー ヴェラールでスリリングな氷上ドライブを体験する | 船員モンティ・ホールとその家族と共に美しい都市ドニゴールを旅する Above&Beyondツアーで子供の頃に感じたあの興奮を再び体験する | なぜレンジローバーPHEVは登山家ジミー・チンを魅了するのか | 史上最もパワフルなディフェンダー、クラシックワークスV8スペシャルと出会う

XXXXXXX HERITAGE LEFT

XXXXXXX HERITAGE LEFT 「シリーズ Iはハンマーのように 頑 丈 だよ。 ボディにサビはこないし、 シンプルだから 修 理 が 可 能 なんだ」 変 化 する 生 活 インドにおけるランドローバーの 起 源 は、コルカタを 拠 点 とす るローバー 社 の 地 元 販 売 店 、デュワーズ・ガレージ&エンジニア リング・ワークスが、 西 ベンガル 州 、アッサム 州 、その 他 の 北 東 地 域 で 紅 茶 の 大 農 園 を 所 有 していた 英 国 企 業 のために、ラン ドローバー 車 両 を 約 1,000 台 輸 入 販 売 したことにさかのぼる。 インドの 独 立 後 、 英 国 企 業 が 撤 退 したため、 多 くの 車 両 は 3 時 間 ほど 離 れたシリグリの 街 で 競 売 によって 売 却 された。 1958 年 、マネバンジャンに 最 初 のランドローバーがやってき た。それまでは、 生 活 は 非 常 に 困 難 だった。ヒマラヤの 高 地 に ある 人 里 離 れたコミュニティまで 生 活 必 需 品 などを 運 んでいた ポニーにとっては 特 に。 四 輪 駆 動 のランドローバーは、その 後 36 年 にわたって 非 常 に 速 くて 信 頼 できることを 証 明 し、マネバ ンジャンの 人 々が 購 入 した 台 数 は 推 定 300 台 を 超 える。 マネバンジャンの 狭 い 表 通 りを 歩 くと、さまざまな 日 用 品 や 軽 食 、 土 産 物 を 売 る 小 さな 店 がぎっしりと 並 んでいる。すぐに シリーズ I と II が 一 列 に 並 んで 停 めてある 場 所 に 出 た。どの 車 も 厳 しい 日 々を 過 ごしてきたのだろう。ほとんどの 塗 装 は 摩 耗 して 金 属 がむき 出 しになり、タイヤの 多 くは 使 用 期 限 をとっくに 過 ぎ ている。だが、 明 らかによく 整 備 されていて、 色 とりどりのス テッカーを 誇 らしげに 掲 げている。ステッカーに 記 された 文 字 は 「グレート・ブリテン」「イングランド・ローバー」「マンチェス ター・ルール」、あるいは 若 干 意 味 不 明 な「チョコレート・ボー イ」、 言 い 得 て 妙 の「ライフライン」と 実 にさまざまだ。 人 口 2,500 人 のマネバンジャンは 観 光 の 町 である。3つのホ テル、それに 数 多 くの 家 が 宿 泊 を 提 供 し、サンダクプーからの 壮 大 な 景 色 を 楽 しむ 32 キロのトレッキングに 訪 れる 人 たちを 迎 え 入 れる。 何 十 年 間 もランドローバーは 町 から 町 へ 生 活 必 需 品 や 乗 客 を 運 び、マネバンジャンの 商 業 の 主 動 力 となってきた。 マネバンジャンで ランドローバーの 最 高 齢 ドライバーの 一 人 である パサン。これほど 困 難 を 極 める 仕 事 はほかの 車 では できないと 固 く 信 じている。 都 市 伝 説 「すべてランドローバーのおかげだよ」と 言 うのは、この 地 域 で 最 高 齢 のドライバーの 一 人 、パサン・ランバだ。 彼 は1970 年 代 からサンダクプーに1 日 2 回 生 活 必 需 品 を 運 び、 帰 りはジャガ イモをマネバンジャンの 市 場 に 運 ぶ 仕 事 を 続 けてきた。これは 決 して 簡 単 なことではない。かつては、 往 復 64キロの 旅 は 最 大 7 時 間 かかる 過 酷 なものだった。 現 在 では、3 分 の2の 道 路 がアスファルトやコンクリートで 舗 装 されて 多 少 快 適 になったも のの、 道 幅 や 勾 配 の 影 響 で 平 均 速 度 に 限 界 があり、 旅 にかかる 時 間 はほぼ 同 じである。 「シリーズ Iはハンマーのように 頑 丈 だよ」と 彼 は 言 い、その 長 32

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。