Views
1 year ago

2016年10月

  • Text
  • Copenhagen
  • Onelife
  • Svautobiography
  • Dynamic
  • Audio
  • Legends
  • Rover
  • Jaguar
  • Ricardo
  • Pinto
新型ディスカバリーのご紹介 | 伝説のセーラー「ベン・エインズリー」の横顔 | 交通・輸送の未来像 | おそらく最もクールな街コペンハーゲン

A NEW COPENHAGEN 上 :

A NEW COPENHAGEN 上 : 2016 年 7 月 に 開 通 した 歩 行 者 用 の 橋 、 インダーハウンスブローン。 主 な 目 的 は 旧 市 街 中 心 地 と 開 発 が 急 速 に 進 む クリスチャンスハウン の 堤 防 をつなぐことだ コペンハーゲンの 建 築 家 ダン・ストゥバゴーは、 北 部 沿 岸 の 巨 大 な 都 市 開 発 プロジェクト「ノーハウン」のコンペに 向 け て 準 備 を 始 めたとき、 突 出 したアイデアにしなければならない と 直 感 していた。 街 の 未 来 がかかっている 極 めて 重 要 なプロ ジェクトだったからだ。 中 心 街 の 商 業 ・ 住 居 用 地 の 不 足 は 深 刻 化 していて、この 問 題 を 解 決 するため、 市 は 工 業 港 跡 地 を 利 用 した、まったく 新 しい 地 区 を 創 成 するビジョンを 描 いた。4 万 人 が 住 める 住 居 、 新 しい 地 下 鉄 線 、さらに 4 万 人 が 働 けるオフィ ススペースを 擁 する 新 興 地 区 だ。アイデアが 募 集 され、400 近 い 提 案 が 審 査 された 後 、 市 はストゥバゴーが 率 いるスタジオ 「COBE」の 案 を 採 用 した。 「じつに 運 命 的 な 瞬 間 でしたね」とストゥバゴーは 言 う。「こ のプロジェクトは 街 を 根 本 から 創 り 変 えるものだと 分 かってい ました。だから 傑 出 したものにしたかった。コペンハーゲンが どこへ 向 かっているのか、そのビジョンを 示 さなければならな い 一 方 で、この 街 が 宿 す 魂 を 反 映 する 何 かが 不 可 欠 でした」。 COBE が 提 案 した 新 地 区 のビジョンは、コペンハーゲンの 街 並 みに 偏 在 する 水 際 という 要 素 を 最 大 限 に 生 かす 野 心 的 な 計 画 だった。その 根 幹 となるのがいくつかの 人 工 島 を 創 るというア イデアだ。 一 つひとつの 島 がユニークな 特 徴 を 備 え、 島 の 間 は 自 転 車 用 の 道 路 、 歩 行 者 用 の 橋 、 利 便 性 を 考 慮 し た 運 河 シ ス テムでつなぐ。 各 島 には 公 園 、 緑 地 、 広 場 をあちこちに 造 る。 400 万 平 方 メートルという 大 規 模 プロジェクトの 大 部 分 を 占 め るのは、 港 のプールや 人 工 ビーチだ。 「 私 たちが 描 いた 未 来 像 は、 北 のベニスといったものでした。 デンマーク 人 はいつも 海 の 側 で 生 活 してきました。 漁 師 や 船 乗 り、 冒 険 家 として。 今 は 楽 しむために 海 を 利 用 しています。 街 に 何 か 美 しいものを 取 り 戻 すために、 海 を 取 り 入 れるというの はこれ 以 上 ない 良 い 方 法 だと 思 いませんか?」 この 都 市 計 画 は「 新 コペンハーゲン」の 象 徴 になった。もと もとデザインにかけては 豊 かな 伝 統 があるし、 完 璧 さへのこだ わりもある。こうした 土 台 の 上 に、あらゆるクリエイティブで スタイリッシュなものが 集 まるホットな 街 としてのアイデンティ ティを 確 立 するのだ。 好 景 気 も 大 きな 助 けではあるが、 人 財 は 得 難 い。 自 分 たちでデンマークの 首 都 を 作 り 変 えようという 決 意 を 持 ったストゥバゴーのような 人 々を 筆 頭 に、 特 に 若 いク リエイターや 起 業 家 といった 新 世 代 が 牽 引 役 になっている。 新 しい 島 々は、まさに 彼 らが 目 指 す「エレガントなコペンハーゲン」 の 一 つのイメージなのだ。 人 魚 姫 からコペンカバーナまで コペンハーゲンがいかに 根 幹 から 変 わりつつあるかは、この 街 を 少 し 歩 き 回 るだけで 感 じられるだろう。 観 光 客 は 今 でも 街 のシンボルであるニューハウンからアマリエンボー 宮 殿 へと 向 か い、ノーハウンのすぐ 南 にあるランゲリニエの 人 魚 姫 像 まで 運 河 沿 いを 歩 く。しかし、その 道 すがらの 風 景 はかつてとはまっ たく 異 なる。 昔 の 堤 防 や 青 銅 の 彫 像 、17 世 紀 に 建 てられた 大 きな 建 物 の 間 に 見 えているのは、ロイヤル・デニッシュ・プレイ 70

A NEW COPENHAGEN 建 築 家 ダン・ストゥバゴー ダン・ストゥバゴー(42 歳 )は 建 築 家 であり 都 市 プ ランナーである。デンマークの 有 名 建 築 家 、ビャルケ・ インゲルスの 下 で 働 いた 経 験 があり、コペンハーゲン の 大 きな 開 発 プロジェクトのいくつかを 支 える 建 築 家 が 集 まる 前 衛 的 な 共 同 体 「COBE」の 創 業 者 。2001 年 に デ ン マ ー ク 王 立 芸 術 ア カ デ ミ ー を 卒 業 、 現 在 、パ ー トナーと 2 人 の 子 供 と 一 緒 にコペンハーゲンに 住 む。 お 気 に 入 りの 場 所 「 アシステンス 墓 地 を 歩 くのが 大 好 きです。 公 園 墓 地 で 様 々な 歴 史 があり、とても 美 しい 場 所 です。 仕 事 でよく 緑 地 と 街 の 関 係 に 注 目 するので すが、この 公 園 は 心 の 中 の 特 別 な 位 置 を 占 めています」 街 歩 きアドバイス「ラフスヘーレウーウン 島 の 都 市 探 検 ツアーは 皆 さんにお 勧 めです。ワクワクする ことがたくさん 起 こっています。ロケットを 造 って いる 人 や 小 さなスタジオ、スケートボードをする 人 ……。 今 街 で 起 こっているすべてを 感 じるのに 最 高 の 場 所 ですよ」cobe.dk 「 未 来 のビジョン、 そして、この 街 が 宿 す 魂 を 反 映 する 何 かが 不 可 欠 でした」 ダ ン・ス ト ゥ バ ゴ ー ハウス、ロイヤルオペラハウス、そしてブラックダイヤモンドと 呼 ばれる 王 立 図 書 館 など、 国 際 的 に 評 価 の 高 い 現 代 建 築 物 だ。 かつて 孤 立 していた 工 場 地 区 や 港 湾 の 小 島 群 は、 新 たな 橋 に よって 本 土 (シェラン 島 )とつながり、 日 光 浴 や 散 策 を 楽 しむ 場 所 に 変 わっている。この 中 で 最 も 人 気 があるのはペーパー・ア イランドだ。かつて 新 聞 業 界 の 倉 庫 だった 場 所 はストリートフード・マーケットやクリエイ ティブハブに 生 まれ 変 わっている。 少 し 南 に 行 くと 新 し い 居 住 地 域 「 イ ス ラ ン ズ・ブ リ ュ ッ ゲ 」 に 出 る。 前 衛 的 な 複 合 マンションが 立 ち 並 び、 運 河 や 新 しい 港 を 見 下 ろすこのエリアは、 地 元 では「コペンカバーナ」と 呼 ばれている。 街 の 中 心 部 と 周 辺 地 区 は 夜 になると 広 場 や 公 園 がカラフルに 彩 られる。 東 や 北 東 地 区 に 行 くとかつての 製 造 業 の 中 心 地 にビーチバー、 コンサート 会 場 、デザインスタジオ、ミシュラ ン 星 付 きのレストランが 軒 を 連 ねて 賑 わっている。それぞれが、 ふさわしい 場 所 に 収 まっている。 街 の 未 来 を 牽 引 するクリエイ ティブな 人 々が 表 現 しようとしている 通 り、 今 のコペンハーゲン は 一 分 の 隙 もなくスタイリッシュで、 徹 底 して 控 えめだ。 新 たな 革 命 「 ミ ニ マ ル で 繊 細 。で も 大 胆 で 迅 速 。コ ペ ン ハ ー ゲ ン は そ う い っ た 側 面 が 混 在 する 不 思 議 な 都 市 です。どこを 見 ても 何 かがブ 71

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。