Views
1 year ago

2016年10月

  • Text
  • Copenhagen
  • Onelife
  • Svautobiography
  • Dynamic
  • Audio
  • Legends
  • Rover
  • Jaguar
  • Ricardo
  • Pinto
新型ディスカバリーのご紹介 | 伝説のセーラー「ベン・エインズリー」の横顔 | 交通・輸送の未来像 | おそらく最もクールな街コペンハーゲン

P U S H T H E B U T T O

P U S H T H E B U T T O N ジャガー・ランドローバーの 新 しいイノベーションラボ 「InMotion」は、スマートテクノロジーを 活 用 して 移 動 方 法 に 新 たな 概 念 をもたらし、スピーディーに 現 実 化 する。 文 : C H R I S S T O K E L - W A L K E R イラスト: J O S H U A C H E C K L E Y 60

INMOTION ジャガー・ランドローバーは 交 通 ・ 輸 送 業 界 の 未 来 を 築 くた め、 自 動 車 の 先 にあるものを 見 つめ、 革 新 的 なプロジェクトを 推 進 中 だ。そのやり 方 を 突 き 詰 めれば、 大 企 業 の 事 業 推 進 の 方 法 にも 革 新 がもたらされるだろう。 InMotionは2016 年 4 月 に 設 立 されたスタートアップで、ジャ ガー・ランドローバーの 子 会 社 ながらも 独 立 した 研 究 所 である。 シリコン・バレーのスタートアップ 企 業 に 見 られる「 素 早 く 動 き、 既 存 のものを 破 壊 する」 文 化 をジャガー・ランドローバーにもたら そうと、すでにモビリティとスマートトランスポテーションの 領 域 で 未 来 につながるプロジェクトを 数 多 く 生 み 出 している。 具 体 的 にはカーシェアリング、ドライバーサービス、スマートパーキング、 ロジスティクスなどだ。 「テクノロジー 業 界 は 電 光 石 火 のごとく 展 開 し、 製 品 寿 命 は 自 動 車 業 界 より 短 い 傾 向 にあります。 私 たちは 既 知 の 境 界 を 押 し 広 げ、お 客 様 の 現 在 と 未 来 のニーズに 応 える 価 値 ある 製 品 とサービ スを 提 供 し 続 け たい の で す」と 、ジャガ ー・ランド ロ ーバー の グル ープ 戦 略 ディレクター、エイドリアン・ホールマークは 説 明 する。 それにはまず、 拠 点 を 刷 新 することが 必 要 だった。InMotion は 最 近 、イングランド 中 部 のロイヤル・レミントン・スパにあるや や 手 狭 なオフィスから、ロンドンのスタートアップハブに 拠 点 を 移 した。InMotion 所 長 のジョナサン・キャリアは 引 っ 越 し 先 を「 立 ち 上 げ 時 とは 大 きく 異 なる 場 所 」だと 言 う。「 人 は 空 間 に 影 響 され ます。 新 しい 拠 点 には 革 新 の 萌 芽 がある。 私 たちはここでお 客 様 の 声 に 耳 を 傾 け、 行 動 を 観 察 し、 学 習 し 続 けます」 InMotionの 顧 客 中 心 型 モデルにはラボとアクセラレータという 2 つの 異 なる 段 階 があり、 併 せて30 名 のスタッフがプロジェクト を 推 進 して い る 。ラ ボ のス タッフ は 、 顧 客 調 査 や ジ ャ ガ ー・ランド ローバーのスタッフによる 提 案 から 生 まれた150のコンセプトに 取 り 組 み、 絞 り 込 みを 進 める。 最 も 見 込 みのあるものだけが 次 の 段 階 であるアクセラレータに 進 む。この 段 階 で 実 績 を 持 つ 外 部 の 起 業 家 がプロセスに 加 わり、 検 証 済 みのアイデアを 独 立 したビジネ スへと 成 長 させていくのだ。 ロンドンのオフィスで 開 発 を 進 めることは 重 要 なポイントだ。と いうのも 英 国 の 道 路 ではいや 応 なく 渋 滞 が 進 行 中 で、 特 にロンド ン 中 心 部 で5マイル( 約 0.8キロ) 移 動 する 平 均 所 要 時 間 は、2012 年 時 点 では20 分 だったが、 現 在 では30 分 に 増 えている、と 米 国 の 交 通 情 報 プロバイダ「INRIX」は 伝 えている。 英 運 輸 省 の 統 計 で は、 国 内 道 路 の 通 行 許 可 を 得 た 車 両 は3670 万 台 に 上 り、わずか 10 年 で450 万 台 もの 大 幅 な 増 加 を 示 している。 そこでInMotionは、 交 通 ・ 輸 送 を 取 り 巻 く 環 境 が 変 わり 続 ける なか、 顧 客 ニーズに 応 える 数 々のプロジェクトに 注 力 してきた。 例 えば 初 期 の 実 験 的 サービスでは 親 を 日 々 悩 ませている 子 供 の 学 校 送 迎 の 問 題 に 取 り 組 み、ライドシェア( 相 乗 り)サービスのアプリ を 使 った 解 決 を 試 みた。ユーザーは 子 供 の 送 り 迎 えに 信 頼 できる 「 革 新 的 アイデアと いえども 短 命 です。 いかに 革 新 し 続 けるか それが 問 題 なのです」 ジョナサン・キャリア 友 人 や 家 族 という 身 近 な 人 々とアプリを 通 じて 結 び 付 くことができ る。また 手 の 空 いている 人 がいなければ、 厳 密 に 審 査 されたプロの ドライバーによるオンデマンドの 運 転 サービスに 切 り 替 えられる。 駐 車 スペースを 探 して 街 を 走 り 回 る 車 の 問 題 も、ボタンを 押 す だけのスマートパーキングで 解 決 を 目 指 す。ロンドンでは 駐 車 ス ペースを 探 す 車 が 交 通 量 全 体 の30パーセントを 占 めるのだ。 実 証 実 験 ではユーザーの 車 を 預 かって 代 わりに 安 全 な 駐 車 場 に 駐 車 し、 必 要 なときにどこへでも 回 送 するスマートバレットサービ スを 提 供 している。 予 約 から 車 両 の 受 け 渡 し、 支 払 いまですべて スマートフォン1 台 で 完 了 する。 キャリアは 言 う。「ジャガー・ランドローバーにおける 私 たちの 役 割 は、 人 々が 日 々 直 面 する 摩 擦 や 問 題 を 理 解 することにあります。 調 査 で 上 がってきた 問 題 をどのように 解 決 し、いかに 新 しいアイデ アを 生 み 出 すかを 考 えます」。こうした 姿 勢 は すでにジャガー・ランドローバーの 行 動 原 則 で はあるが、 現 実 化 のスピードが 違 う。InMotion は 、 変 わり 続 けるニーズにで きるだけ 素 早 く 対 処 することに 特 化 して 設 立 されたのだ。 「 市 場 の 動 きがとても 速 いので、 革 新 的 ア イデアといえども 非 常 に 短 命 です。いかに 革 新 し 続 けるかが 問 題 なのです」とキャリア。 何 層 もの 官 僚 的 な 組 織 構 造 をはぎ 取 り、スピード を 最 重 要 課 題 に 位 置 付 ける 。そしてラ ボ か ら 送 られてくるアイデアをお 客 様 がいち 早 く 試 せ るようにすることが 不 可 欠 なのだ。キャリアは 続 ける。「 初 期 段 階 のアイデアを 取 り 入 れ、コンセプトにまとめ 上 げ、アジャイルやリ ーンといった 手 法 を 素 早 く 適 用 して「 実 用 最 低 限 の 能 力 を 備 えた 製 品 」(MVP: Minimum Viable Product)を 開 発 します」 MVPは、 世 界 を 変 えるアプリやシステムになる 可 能 性 のある 初 期 プロトタイプだ。これを 実 際 のお 客 様 に 日 常 で 使 用 してもらい、 フィードバックをもらう。GoogleやDropboxなど、シリコン・バ レーのトップ 企 業 が 採 用 している 方 法 である。「そうしたフィード バックから 検 証 を 重 ね、 本 物 のデータを 得 て 製 品 を 形 作 り、 実 行 し、それから 構 築 を 進 めていきます」 InMotionはあらゆるカテゴリーでアイデアを 生 み 出 している、 とキャリアは 説 明 する。「スマートパーキングのようなドライブに 関 するサポートから、 車 の 新 しい 所 有 の 仕 方 の 提 案 まで、すべてで す。また 車 そのものに 対 するニーズの 先 を 見 ています。 自 転 車 シェ ア、 公 共 と 民 間 のその 他 の 革 新 的 な 輸 送 方 法 なども 含 まれます」 キャリアによると、InMotionのプロジェクトすべてに 共 通 す るモットーがあるという。「 人 々に 時 間 を 取 り 戻 してもらうこと、 時 間 の 有 効 活 用 によってよりスマートに、より 効 率 的 に 移 動 でき るようにすることです」。そしてこれは、ジャガー・ランドローバ ーに 浸 透 した 精 神 でもある。 61

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。