Views
1 year ago

2016年10月

  • Text
  • Copenhagen
  • Onelife
  • Svautobiography
  • Dynamic
  • Audio
  • Legends
  • Rover
  • Jaguar
  • Ricardo
  • Pinto
新型ディスカバリーのご紹介 | 伝説のセーラー「ベン・エインズリー」の横顔 | 交通・輸送の未来像 | おそらく最もクールな街コペンハーゲン

ALL-NEW DISCOVERY

ALL-NEW DISCOVERY オブジェクト 08: カモフラージュ 新 型 車 開 発 の 過 程 では、 最 も 誇 られるべきデザイン 的 な 特 長 を 全 力 で 隠 さなければならない 時 期 がある。その 期 間 はボディーワークが 最 終 段 階 に 近 付 いたプロトタイプを 公 道 でテストし 始 める 頃 に 始 まり、 完 成 した 車 がモーターショーでシルクのベールを 脱 ぐまで 続 く。 最 初 期 の プロトタイプは 既 存 モデルの 外 装 を 施 すこともある。その 際 は 新 型 車 の 寸 法 に 合 うよう 微 妙 に 調 整 され、 見 分 けがつきにくい。 最 終 形 でも 徹 底 的 なテストが 実 施 されなければ、いかなるランドローバー 車 両 も 決 して 承 認 されない。すなわち、 数 ヵ 月 間 はデザイナーにとって 落 ち 着 か ない 日 々になるというわけだ。ベールを 外 す 瞬 間 のインパクトを 最 大 化 し、できる 限 り 最 高 の 状 況 下 でお 披 露 目 したいデザイナー 心 でもある。 四 半 世 紀 以 上 、ディスカバリーの 独 特 なデザイン 言 語 ── 中 でもク ラムシェルボンネット、ステップドルーフとアルパインライト、 非 対 称 の テールゲートなど──は、ディフェンダーの 四 角 いデザイン 同 様 、アイ コニックではっきりと 見 分 けのつくものになった。それがどのように 進 化 するのか、メディアや 顧 客 は 一 様 にたまらなく 知 りたがった。そして 確 かに 進 化 した。よりダイナミックになり、 空 力 も 進 化 、 外 形 は 機 能 的 な 軽 量 アルミニウム 構 造 を 反 映 している。 アンディ・ホイールはこう 語 る。「カモフラージュのデザインは 趣 味 に なっています。 最 新 のレンジローバーのときは 初 期 の 戦 艦 に 見 られたダ ズル 迷 彩 からインスピレーションを 受 け、レンジローバー・イヴォーク・ コンバーチブルのときは 漫 画 の 人 型 を 使 いました。 新 しいディスカバ リーにはバーコードを 元 に 思 いっきり 変 形 させましたよ」 「テスト 過 程 では 車 全 体 を 慣 例 のカモフラージュで 隠 すことなく 公 道 を 走 らせなければならない 段 階 があります」とチーフエンジニアのアレッ クス・ヘスロップは 語 る。 先 に 触 れたように、 初 期 のプロトタイプには 旧 型 の 外 装 をカモフラージュとして 施 す。その 次 の 段 階 では、 新 しい 形 の 上 に 念 入 りなカモフラージュを 施 すが、これは「 高 速 テストにおける 風 切 り 音 などを 隠 してしまう 望 ましくない 影 響 」があり 得 る。そこで 最 終 段 階 のカモフラージュは 軽 いものを 適 用 する。「バーコードデザイン の 変 装 は 実 際 のパネルにフィルムを 貼 っただけで、 車 の 形 は 影 響 を 受 け ません。カモフラージュによってそう 認 識 させるのを 防 いでいるのです」 しかしジェリー・マクガバン 率 いるチームが 目 指 したのは、 最 終 形 を もともとの「ディスカバリー・ビジョン・コンセプト」にどこまでも 近 付 けることだった。アンディ・ホイールは 言 う。「カモフラージュの 下 がど うなっているのか 知 りたければ、コンセプトを 見 ればいい。 新 しいディ スカバリーは、ずっと 見 える 場 所 に 隠 れていたのです」 新 型 ディスカバリーの 詳 細 はこちらで: landrover.co.jp/vehicles/all-new-discovery/ 52

RATAN TATA 53

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。