Views
1 year ago

2016年10月

  • Text
  • Copenhagen
  • Onelife
  • Svautobiography
  • Dynamic
  • Audio
  • Legends
  • Rover
  • Jaguar
  • Ricardo
  • Pinto
新型ディスカバリーのご紹介 | 伝説のセーラー「ベン・エインズリー」の横顔 | 交通・輸送の未来像 | おそらく最もクールな街コペンハーゲン

旅 立 ちの 準 備

旅 立 ちの 準 備 をし、 改 造 したイヌック 社 の カヤックを 運 ぶ ヒックスとブラード 18

グリーンランド 行 程 1 ナイトン・ベイ – アイスランド 290キロ 行 程 2 アイスランドの 海 岸 沿 い 610キロ アイスランド 行 程 3 アイスランド - フェロー 諸 島 435キロ N A V I G A T O R デ ビ ルズ・ダ ンスフロ ア フェロー 諸 島 行 程 5 フェロー 諸 島 - ノース・ローナ 島 260キロ 行 程 6 ノース・ローナ 島 – ケープ・ラス 80キロ 行 程 4 フェロー 諸 島 の トランジット 112キロ ノース・ロ ー ナ 島 スコットランド んだ。72キロ 続 く 流 氷 の 中 を 渡 って 海 岸 に 着 いた。それから 天 候 に 恵 まれ、 最 初 の222キロを40 時 間 で 航 海 できた。 陽 光 が 24 時 間 輝 く 中 では 昼 も 夜 も 存 在 しない。あるのはただ、 天 気 の 良 しあ しだけだ。それはすなわち、アイスランドを 完 全 に 後 にするまでは、 常 に 絶 好 のタイミングを 見 極 める 必 要 があるということ。そうやっ て 悪 魔 とのダンスに 備 えるのだ。 アイスランドからフェロー 諸 島 までデビルズ・ダンスフロアを 通 る のは、 予 想 通 り 困 難 を 極 めた。 周 りに 何 もないこの 区 間 の 航 海 は 6 日 間 昼 夜 を 問 わずカヤックを 漕 ぐことを 想 定 し、その 全 体 をを 通 し て 完 璧 な 天 気 というタイミングを 私 たちはまたもや 見 極 めなければ ならなかった。そのチャンスがとうとう 訪 れて 出 発 したものの、36 時 間 後 、 海 上 で 予 期 せ ぬ 天 候 悪 化 に 見 舞 わ れ て 、 急 い で ア イ ス ラ ン ドに 戻 る 方 法 を 見 つけなければならなかった。 幸 運 なことに 漁 船 が 通 りかかったので 連 れ 戻 してもらった。 安 全 な 環 境 に 戻 り、 気 を 取 り 直 して 休 息 したが 長 居 はできなかった。1 週 間 後 、 悪 魔 とのダ ンスを 再 開 し、 今 回 は4 日 間 の 航 行 で 渡 り 切 って、ついにフェロー 諸 島 にたどり 着 いた。 神 秘 的 なこの 群 島 は3 週 間 私 たちの 家 になった。ゲーム 開 始 の タイミングが 再 び 母 なる 自 然 の 手 に 委 ねられたからだ。 出 発 してす ぐに 引 き 返 すことをもう 一 度 繰 り 返 した 後 、ようやく 私 たちはこの 区 間 を 乗 り 切 っ た 。 ひ げ が 伸 び 、 疲 労 が 忍 び 寄 る 中 、 私 た ち は 航 海 を 始 めた。 装 備 はびしょ 濡 れで、 前 も 後 ろも 北 大 西 洋 の 水 平 線 しか 見 えない 状 況 の 中 、それはまさに 忍 耐 が 試 されるものだった。 ゴールが 近 付 きつつあるというときになってようやく、 私 たちは 疲 労 と 何 時 間 も 休 みなくパドルで 漕 ぐ 単 調 さを 侮 っていたのだと 理 解 し 始 める 始 末 だった。だが、あきらめることは 選 択 肢 になかった。 陸 から 離 れて 外 海 を 何 百 キロもカヤックで 航 行 していると、 選 択 肢 は 本 当 に 一 つしかない。 何 があっても 漕 ぎ 続 ける、それだけだ。 旅 の 間 ずっと 頭 にあったのは「 漕 ぐか 死 ぬか」だった。 左 :グリーンランドからスコットランドへの 航 路 は 1900キロ 以 上 にわたった 右 :チームの 装 備 とカヤックを 運 んだランドローバー だから 私 たちは 漕 ぎ 続 けた。 大 海 原 で 65 時 間 過 ごし、 睡 眠 は そのうちわずか3 時 間 。その 後 、 再 び 天 候 の 力 に 翻 弄 され、 家 に 向 かうのではなく、スコットランド 沿 岸 からほんの 65 キロにある 小 さな 島 、ノース・ローナ 島 に 迂 回 するという 苦 渋 の 決 断 を 迫 られ た。またもやチャンスの 扉 は 私 たちの 目 の 前 で 閉 じられたのである。 まだ 家 に 帰 り 着 くには 早 かったのだ。 塩 が 体 中 に 張 り 付 き、 疲 れ 切 った 私 たちは 何 とかノース・ローナ 島 に 到 着 した。 最 初 のフィン マンが 到 着 して 地 元 民 を 驚 かせ、 今 日 まで 残 る 伝 説 を 生 んでから 4 世 紀 近 く 後 に。ここから 先 は、 最 後 のひとふんばりで、 家 に 無 事 帰 れるのだ。 信 じられないような 体 験 の 思 い 出 を 胸 に。そしてしば らくカヤックのことは 忘 れよう。 カヤックに 乗 り 込 んで 出 発 することは、 私 たちの 挑 戦 の 一 部 で はあったが 最 大 のものではなかった。 来 る 日 も 来 る 日 も、1 週 間 終 わったらまた 次 の1 週 間 、 同 じ 湿 った 装 備 で、そしてしばしば 劣 悪 な 天 候 の 中 、カヤックに 乗 り 込 むことを 繰 り 返 すうちに、この 旅 が 単 純 にどれだけきついものかを 知 ることになった。それがおそらく、 イヌイットの 民 が 最 初 にスコットランドに 到 着 して 以 来 、 誰 もそれ をまねしようとしなかった 理 由 だろう。 そ れ で も 、 海 上 で の 一 漕 ぎ 、 寒 い 一 夜 、 そ の す べ て に 意 味 が あ っ た。 冒 険 家 として、こうした 探 検 にこそ 引 き 付 けられる。 前 人 未 到 の 冒 険 に 先 鞭 をつけるものだ。 自 分 を 駆 り 立 ててこの 惑 星 の 秘 密 を 探 り 、 そ の 先 に 何 が あ る の か 探 検 す る ── そ れ こ そ が 私 た ち が こ こ にいる 理 由 なのだ。 19

 

Land Rover

ONELIFEマガジン

 

ランドローバーのカスタマーマガジン『ONELIFE』は、可能性に挑戦する強い情熱や、好奇心をかき立てるストーリーを世界中から集めてお届けしています。

ランドローバーはどこにでも自由に行き来できること、目的地に辿り着くためなら何でもできる性能を常に発揮し続けてきました。 ONELIFE最新号では、この精神に敬意を表し、未だランドローバー シリーズI とシリーズIIが最高の車として現役で活躍しているインド・ヒマラヤの地から、アイルランドの美しい郡、ドニゴールでディスカバリーとともに家族休暇を過ごしている船員のモンティー・ホールのストーリーまで、様々な冒険を賛美する世界へとあなたをお連れします。

ライブラリー

2018年10月
2018年4月
2017年11月
2017年4月
2016年10月

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。